おお振り感想(アフタヌーン2012年6月号)その1




今月が休載なおかげで助かったというかなんというか…
一ヶ月遅れのおお振り感想です。




☆ネタバレご注意☆




 
 

・榛名VS三橋阿部


まだまだ続く地区大1回戦、VS武蔵野、同点で迎えた4回。
三橋阿部バッテリーに挑む打者は、4番榛名!



前回ラストで、こいつを打ちとるか三振させる方法はねェのか?)と思案していた阿部。
2巡目までは使わない、とモモカンと取り決めていた「まっすぐ」を1球目から指示する。


(…えと うなずいちゃったけど
”まっすぐ”は3巡目からってモモカンと決めたけどいいのかな
オレの知らないうちに監督と阿部君で決めなおしたのか……?)


不思議に思いながらも、阿部の注文通りに「まっすぐ」を内に投げる三橋。
胸元めがけて入ってくる球に、身体を引く榛名。


(今 中腰で構えてたか? 狙わせたんじゃねェだろな
いくらウラミ買ってっからって故意死球はねーか
内角放るときゃ気ィつけろよミハシ!)


ウラミ買ってるとか榛名が考えてるのがなんか面白いな。
しかし、2球目も内に「まっすぐ」が来る。さすがに内心で憤慨する榛名。


(はあ!? 当てるつもりかよ!)
(おめーと違うんだ 2球共よけなくても当たんねーよ)


なんか余裕というかふてぶてしいですね阿部が。
阿部のリードをよく知っている榛名は、阿部の組み立てそうな配球を予想するが、それも織り込み済みな阿部。


(読まれてるとしても 打てねェ球はあんだよ!)


続く3球目は変化球で空振り。4球目もカーブで空振りする榛名。2ストライク2ボール。
読みが外れてカッと血がのぼる榛名に、小さく「プッ」と笑い声を洩らす阿部。阿部よ…



5球目こそはゆるい球ではないだろうと構えるが、球種を絞り切れないうちに投げられてまたもや空振り、で三振ワンナウト。
去り際にまたもや「クッ」と阿部笑う。カアアとふたたび真っ赤になる榛名。



阿部よ・・・(二回目)



もう明らかに、さっき(先月号)の打席で投手榛名に読み負けたことの意趣返ししてるよ…
まあこうやって打者を揺さぶったりするのも捕手の役目なんでしょうが、榛名の「あいつ性格わりイ!」という叫びにおおいに同意してしまったのであった…(笑)



しかし真っ赤になってる榛名がかわいいな。
ほんとは捕手にちょっとぐらい笑われても動じないメンタルの強さがあるのがいい打者なんでしょうけどね。



・武蔵野ベンチ、秋丸


ベンチへと帰ってくる榛名。
次打者が「フトマキー!」とか叫ばれてる。藤巻のあだ名か?
「ひょい」「ホイ」と当然のようにヘルメットやプロテクターを受け取りに来る秋丸に、


(ひょいホイはマジーか
こいつも今はスタメンだ)


と思いなおす榛名。
ひょいホイって! もー榛名の言語感覚、いちいちすごくイイ!



阿部に笑われたことを「セコイ戦いだよなァ」とぶうぶう文句言う榛名に、いつもの飄々とした顔でコップを渡す秋丸。


「負けたくねェな」
「だろうね」


そうだな負けたくないな、とは決して言わない秋丸に、榛名もまた何も言わず。
ドリンクを飲み干して、一言だけ言い残していく。


「お前といられんのも 武蔵野第一(ここ)までだぞ」



(そうなのか)


最後通告のような榛名の言葉を、淡々と受け止める秋丸。(つーか淡々としすぎw)


(プロになるのか それがムリでも 大学は強いとこ行くんだな
一般入試で同じトコ入ったとしても オレじゃ野球部に入れてもらえないかもしんないなァ
いや 同じトコつー理由で大学決めちゃマズイだろ 自分の将来考えないと)


榛名には「これ」という人生の夢がある。自分にはそれがない。
夢につながることだから、一生懸命なのは当たり前。
でも一生懸命なのは、引退した3年生達も同じだったんじゃなかったか?



(3年生達は 楽しそうだったな
清水に2番とられんのは やだな)



終わりを意識して初めて、秋丸にも「欲」が出た。


『あいつだっていつかは 自分がお前の一部じゃねーって気付くだろ』


試合前、榛名に向けられた大河の言葉が、今さらながらに思い出されます。
まだあと一年、彼らには猶予が残されている。



・西浦ベンチ


榛名の後の2人もアウトに取り、スリーアウトチェンジでベンチに戻る西浦。(ナイショって栄口が言ってるから多分巣山が活躍したんだろう)
すかさずモモカンが阿部と三橋を呼び、「榛名君への1球目2球目 どういうことなのか説明して!」と問い質す。(こわい!かっこいい!あと三橋かわいい!)
速い球を使いたくて、でもまっすぐの球筋は追いにくいように内角にはずして放らせたと答える阿部。


「高目にボールはずしたら よけなきゃ当たるでしょう!
私との決め事やぶるほうがまだしもだよ!
もう一度やったらポジション変えるからね!」


厳しく叱責するモモカン。
続いて、隣で青ざめ冷や汗タラタラになってる三橋にも矛先を向ける。


「どんなサインもらったとしても 実際投げたのはあなただよ
あの球が榛名君に当たっていたら あなたが全責任を負うんだよ!」


「はっ はっ は ひっ」ともう原型とどめないくらいに怯える三橋を見て若干力の抜けるモモカン(と阿部)ですが、それでも伝えるべきことはしっかり言う。


「おどかしで言ってるんじゃないんだよ
自分が榛名君にケガさせたかもしれないってこと ちゃんと想像しなさい!」



ちゃんと想像できたのか三橋?
三橋が「へくっ」となったところでその2に続きます。



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック