最近のほん 6月1日~15日

●近況


特に何事もなく毎日を過ごしてました…と近況を書こうとしたのですが、そういえば先日は諸事情あって大腸にカメラを入れるという私の人生ではなかなか珍しいことをやったんでした。
無事終わって安心したのですっかり忘れてた、過去のことになってた(笑)
あれは準備がなかなか大変ですね…準備だけで半日仕事だもの。できればこの先もう二度とやることのないように一生を終えたいです。(でもおそらく無理だろうな)
結果は悪いところなし、キレイな腸とのことでした。よかった…! でも腸内洗浄作用でお肌もキレイになるかと期待したんだけど、別にそんなことは起こりませんでした(笑)



●最近よんだほん


(漫画)


・雷句誠「金色のガッシュ!!」1~10巻


「金色のガッシュ!!」→ガッシュがかわいい、あとキャンチョメもぉぉ…!(ヤクルトをふるまってくれるところが好き)一番号泣したのはヨポポの話とダニーボーイの話。


(活字)


・イマキュレー・イリバギザ「生かされて。」
・ブラックマヨネーズ「時事マヨ」
・東野圭吾「聖女の救済」
・七河迦南「アルバトロスは羽ばたかない」
・大森望/編「ゼロ年代日本SFベスト集成〈F〉逃げゆく物語の話」


「生かされて。」→ルワンダの虐殺を生き延びた女性の手記。つらくて読むのに時間がかかったけど、色々考えるきっかけになった。特に信仰について考えました。それに代わるものが私にあるか?
「時事マヨ」→二人のかけあいの声が脳内再生されてめっちゃ笑った。「女子大に男の新入生が6人」というニュースで小杉さんが大興奮してたのが一番面白かった。
「聖女の救済」→だまされたーわかんなかった! これも止まらなくて寝不足本でした。
「アルバトロスは羽ばたかない」→時系列があっちゃこっちゃいって何でこんな書き方するのかなー?と思ってたけど、最後まで読んでそういうことか!と納得。
「逃げゆく物語の話」→読んだことある短編がわりとかぶってましたが…一番面白いと感じたのは小林泰三「予め決定されている明日」。


●最近気になるものいくつか


「今日から俺は!!」の西森博之が小説デビュー、7月刊行(コミックナタリー)


マ、マジですか!! 西森先生小説デビュー!!
これはもう、西森ファンとしては買わなきゃウソだ…
先生のコメントによると、主人公は「以前に漫画で描いたキャラクターに似ている」そうなので、そのへんも楽しみだったりします。
一体誰だろう。あらすじ読んだかぎりでは中野とかかなあ…



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック