映画「るろうに剣心」感想

わが青春の代名詞。




☆ネタバレ(映画も原作も)かなりあるのでまだ観てない人は注意☆


 
 
 
 

るろ剣が映画化されると聞いたとき、決して期待はするまいと思ったものの、
やっぱり観にいかずにはおれないだろうなあという予感がありました。
中学・高校と私の青春時代を象徴する(とか大層に書いてるけど、要はハマリまくっていた)、大好きな作品だったので。



観終わっての感想は……正直めちゃくちゃ楽しかった!!!
剣心が薫ちゃんが弥彦が左之が、斎藤が刃衛が観柳が、実存して動いてるんやもーん!
その事実だけでテンションは限りなく上がってしまいました。



キャストのイメージの合う/合わないや好みは人それぞれだと思いますが、
私はそこまで拒否反応の出る人がいなかったです。
初めて配役を聞いたときはうーん…となった江口洋介=斎藤一、蒼井優=高荷恵なんかも、
実際フタを開けてみると結構サマになってたし。(なんだかんだいって江口洋介は正統派にかっこいい)
恵さんは薫ちゃんと同い年くらいに見えたけど…(笑)



何より佐藤健演じる剣心が、どこからどう見てもどの角度から見ても剣心以外の何物でもなくって、
本当にハマっていて腰抜かすほど格好良かった。
おトボケ顔も優しい流浪人の顔も非情な人斬りの顔も、全部かっこいい! 「おろ」も自然!
原作そのままに立ち回ってる! ヒエー速すぎて見えない! 抜刀術! 飛天御剣流双龍閃(隙を生じぬ二段構え!)!!
もうむしろ、なぜ健くんが剣心じゃないのかが不思議なレベル…(笑)



あと、吉川晃司=刃衛もものすごくハマってました。
すっげえ強そうだしすっげえかっこいい。カラコン入れた瞳も再現度高い。声もいいし背中もいい。
クライマックスに出てくるので、あれほど強かった剣心が苦戦するなんて!? この男一体…!? とラスボス感あふれてたし。
原作の和月先生も刃衛はお気に入りキャラのようなので、この映画版の刃衛の完成度には喜んでおられるんじゃないでしょうか。



要所要所で、原作の台詞をそのまま使ってあったりして(「剣は凶器 剣術は殺人術 …」とか)、
もうその度にテンションが跳ね上がって大変でしたよ。
ガトリングガン出た! とか、斎藤さんの牙突きたー(一瞬だけど)!とか。



原作の内容をかなり圧縮して作ってあるのですが、よく巧いことつなげたなあーという感じで、うまくまとまっていたように思います。ところどころ説明不足があったけど許容範囲。
でも刃衛が観柳の用心棒やってたりして、なぜかニヤニヤした(笑)
その他の用心棒が誰なのか観てる最中はわかんなかったのだけど、外印と番神だったんだね~。(蒼紫まで出しちゃうと収拾つかなくなるもんな)
番神VS左之助のバトルが楽しすぎました。ここまで楽しいだけのバトルってなかなかないわ。栄養補給しながら喧嘩すんなw もーかわいいなあー。
菜食主義者の番神おもしろすぎるなあー。



左之助は斬左のエピソードがすっぱり飛ばされてるので、最初からうす暗いところのない豪快なキャラとして登場してて、それはそれでよかったなあ。
原作では左之助が一番好きだったので、映画でもかわいかっこよくてうれしかったです。やっぱり実写だとかなり小汚かったけどー(笑)
薫ちゃんも初登場時の、道場を背負って若干テンパってる張りつめ方が、なかなか合ってた。
弥彦はぜんぜん出番なかったけど(涙)、すっごいかわいかった~。



映画版のオリジナルとして、剣心がトレードマークの赤い着物に着替えるというエピソードがあったのですが、それがすごく良かったです。
あのシーンで、剣心は人斬りでもなく流浪人でもなく、「神谷道場の剣心」として新たな人生をスタートさせたんだなあ…
その居場所を作ってくれたのが薫ちゃんなんだなあ…という感動が生まれて、
急な展開ながらも剣心が、薫ちゃんをさらった刃衛に対してあんなに怒ったことも納得できたし、ラストシーンのセリフにもすんなりつながったし。
剣心と恵さんが川べりで話すシーンも、「かつては人を死に追いやったこともあるが、今は目の前にいる人々を助ける」という生き方が二人に通じるものである、ということを浮き彫りにしていたし、よかったと思う。



なんか、当然のように続編が作られそうな気がします。
でも京都編は長いし、戦ってばっかになるし、2時間映画には向かなそうなので、やるとしたら人誅編だろうか?
外印とか剣心を恨んで再登場しそうな気配ありまくりだし、巴も顔出ししなかったので今後出てくることを想定してそう…。
「戻ってくるぞー」と宣言したとおりに、観柳が再登場してきたらめっちゃおもしろいな(笑)
香川さんの怪演のおかげで、観柳がらみのシーンは全部楽しかったですよ。



こんな感じで、私の感想としてはベタ誉めなんですが、
もちろん原作と違う部分もいろいろあるし、原作を知らない人にとってどうかはわからないし、感じ方は人それぞれかと思いますー。
でも迷ってる人は話のタネに観に行ってみたらいいんじゃないでしょうか?
だって私今、るろ剣について語りたくてたまらないもん(笑)
あー原作をもうれつに読み返したいわー!!


 



この記事へのコメント

  • あきこ

    こんにちは。
    おお振りが大好きで、こちらもちょくちょくとおじゃましておりました。

    るろうに剣心、わたしも中学生の時にすごいハマってました(^^)
    映画、どうしようかなーと思っていたのですが、
    こちらの感想を読んで、行ってみたくなりました!

    これからも記事を楽しみにしています。
    2012年09月01日 16:13
  • 三森紘子

    あきこさんへ

    コメントありがとうございます!
    おお振りの感想もみてくださってたんですね、うれしいです。

    るろうに剣心、すごくよかったですよ!
    実写で原作のイメージを壊されるのがいやな方もいらっしゃるかと思いますが、
    かつてハマっていた頃の愛情や情熱を思い出すのには、とてもいい映画でした^^
    2012年09月02日 21:08

この記事へのトラックバック