2012年8月によんだほん(前半)

8月の読書メーター
読んだ本の数:76冊
読んだページ数:15410ページ
ナイス数:58ナイス


再読が20冊くらいあるので、新たに読んだぶんはそれを引いた冊数です。


◆今月の特選◆



銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)



ねたあとに



一覧はこちら↓
お茶にごす。 1 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 1 (少年サンデーコミックス)
(何回目かわからん)再読。まークンって爽子と張れるくらいピュアホワイトなような気がしてきた。ついては「サンデー版君に届け」という謳い文句で今一度販促活動できないか? …できないか。
読了日:08月01日 著者:西森 博之

お茶にごす。 2 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 2 (少年サンデーコミックス)
再読。鼻からウロン事件も大好きだけどやっぱ2巻といえば「帰り道」でしょう。まークンがちっとも怖く見えないんだよ。ヤーマダのヤンチャなところも、何だかんだで好きなんだ。
読了日:08月01日 著者:西森 博之

お茶にごす 3 (少年サンデーコミックス)お茶にごす 3 (少年サンデーコミックス)
再読。カホちゃんみたいに小柄で肩幅の小さい子がこの髪型すると、めちゃくちゃかわいいよね! まークンとヤーマダの小学生エピソードが大好き。つまりはウマが合うんだな。とことんまでつきあえる二人。
読了日:08月01日 著者:西森 博之

お茶にごす 4 (少年サンデーコミックス)お茶にごす 4 (少年サンデーコミックス)
再読。ブルー樫沢の華麗なる復活劇はやはり何度読んでも見事すぎるというしかない。卓ちゃんとの友情深め話がすごく好き。今回の再読では、なぜかまークンに対する愛しさがどんどん増していく…。この男ピュアだ。
読了日:08月01日 著者:西森 博之

お茶にごす 5 (少年サンデーコミックス)お茶にごす 5 (少年サンデーコミックス)
再読。姉崎部長が止めても、行くと決めたら曲げないまークン。部長の制止を振り切ってしまったことで、帰る足取りが遅くなるまークン。巧い言い訳を使えないまークン。そういう強さと誠実さをすべてわかった上で、部長さんは信じることに決めたんじゃないかな。言葉や行為ではなく、まークンという人間を信じたのでは。ものすごくターニングポイントだった気がするエピソード。そして同時進行するブルーの物語!(笑)
読了日:08月01日 著者:西森 博之

箱庭図書館箱庭図書館
なかなか変わった成り立ちをした作品群みたいですね。読むのに時間かかったのはそのせいか? ラストの雪の話が一番よかったです。
読了日:08月01日 著者:乙一

お茶にごす 6 (少年サンデーコミックス)お茶にごす 6 (少年サンデーコミックス)
再読。肝試しに本気だしすぎ(ヤーマダも西森先生も)。チンマリを想像して服のすそをつかむまークンかわいすぎるよぅ。よく見たらムササビとかモモンガにもなってる! アニメ部の絡む話本当に好きです。バスケ部の鈴木、実はけっこういいやつなんだよね。
読了日:08月02日 著者:西森 博之

お茶にごす。 7 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 7 (少年サンデーコミックス)
再読。若菜がとにかくカッコイイよ。樫沢流にいうとスジを通すってやつだな。それから苦手なのに震えながら虫を助けようとする部長さん、慈悲の権化のようなお人です。守ってやらなあかん、この人を。 前々から伏線?出してた部長さんの浴衣姿を、こんなタイミングで登場させるとかストーリーテリングぶりがすごいよ…。前もおなじような感想かいてた気がするな。
読了日:08月02日 著者:西森 博之

お茶にごす。 8 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 8 (少年サンデーコミックス)
再読。勝ちにいっちゃう部長さん(チョーカワイイ)!みんなで特訓する様子が仲よさげでいいな。サイテーな人たちがそれはもうカッコ悪くて本当スカッとします。部長さんの家が1コマだけ出てるけど、やっぱりかなりいいとこのお嬢様だ…!
読了日:08月02日 著者:西森 博之

お茶にごす。 9 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 9 (少年サンデーコミックス)
再読。何事にも真剣なまークンがスゴクいいと思います。カホちゃんがヤーマダの言葉にハッと驚いてるのは、前に自分も同じこと考えてたのを思い出したからだろうか。まークンの過去編、この密度濃度で一話ちょっとしかないんだぜ…凄すぎ。しかしちっさい人間だったな、尾上と松田。
読了日:08月02日 著者:西森 博之

ギャグマンガ日和 13 増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)ギャグマンガ日和 13 増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)
あっ誰かと思ったら牛山サキがちゃんと仕事してる!あとは七福神とか真田十勇士とか、首をトンッとやりつづける話とか(一ネタを引っ張るパターン)が好きでした。
読了日:08月03日 著者:増田 こうすけ

お茶にごす。 10 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 10 (少年サンデーコミックス)
再読。「つい、船橋クンの仲間だと思ったら…」「確かに…仲間だな。」まークン超純粋。やっぱピュアホワイト。そういう意味じゃないのに…。あと神社で絵馬を書かせる展開が大好き。ああ次が最終巻、読むのもったいない。
読了日:08月03日 著者:西森 博之

電化製品列伝電化製品列伝
いろんな小説・漫画の、家電についての描写「だけ」を取り上げた書評集。ホットプレートについての言及が一番グッときました。長嶋有の小説は読んだことがなかったけど(名前はものすごくよく聴くけど)興味がわいてきた。
読了日:08月04日 著者:長嶋 有

ぐっとくる題名 (中公新書ラクレ)ぐっとくる題名 (中公新書ラクレ)
ブルボン小林と長嶋有が同一人物だと、今まで知らなかった。パラッと読みかけたらめちゃくちゃ面白くて、他の積ん読本を差し置いてしまいました。
読了日:08月05日 著者:ブルボン小林

オモロマンティック・ボム! (新潮文庫)オモロマンティック・ボム! (新潮文庫)
未映子さん、小説のほうはほとばしる才能を私の脳が理解できませんでしたが、これはコラム集なので比較的ハードル低く、楽しく読めました。文体すごく好きなんだけど。小説のほうは読めない、何故?
読了日:08月06日 著者:川上 未映子

お茶にごす。 11 (少年サンデーコミックス)お茶にごす。 11 (少年サンデーコミックス)
再読。雪の帰り道シーンがやっぱりとても美しい。まークンの心の声が全く出てこない。ということは部長の視点なんですね。切ない切ない。自分を避けるまークンの優しさを理解するのもまた部長の優しさ。相棒としていつもトコトンまークンに付き合ってきたヤーマダが、まークンの切ない決意に付き合うのも優しさで、「シッポ出す」のを待ってずっと見てたのもカホちゃんの優しさ。もうみんな優しい! あのねまークン、優しい人ってゆーのは君らみたいな人のことをゆーんだよ。まークンが優しいからみんなも優しくなれるんだよ。(続く)
読了日:08月06日 著者:西森 博之

紅に輝く河 (カドカワ銀のさじシリーズ)紅に輝く河 (カドカワ銀のさじシリーズ)
ラブシーンが甘々でぎゃー///となります。最初のほうに説明が多くて読み進めづらいんだけど、後半はサクサク怒涛の展開で目を離せません。うっかり貸出延長をし忘れたので、早く返しに行かなきゃ!
読了日:08月07日 著者:濱野 京子

ベスト・エッセイ〈2011〉ベスト・エッセイ〈2011〉
78名というすごい人数が一堂に会したエッセイ集。好みなものもそうでないものもあるけど、どれも短いのでストレスなくちょっとずつ読めた。猫の話が多かったなーみんな猫好きなんだなー。私は乾きものと生ものの話(安達千夏)とかが好きでした。あと岸本佐知子さんは一行目からさすがのクオリティでぞっこん。
読了日:08月08日 著者:

道士郎でござる 1 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 1 (少年サンデーコミックス)
「お茶」の次はこれを再読。今日俺や天こなに比べると知名度が低いのでオールタイム推していきたい。1巻はまだエンジンかかってない感じがするな。道士郎に周りが驚くだけな感じで。エリタンが登場して、健助が動き始めてからズドンと面白くなってくる。あとサータン、最初のほうカオコワイ。
読了日:08月08日 著者:西森 博之

道士郎でござる 2 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 2 (少年サンデーコミックス)
再読。学校を出て橋の上でみんなで笑い合うシーンが好き。アバズレ言われてだんだん怒るエリタンがかわいいのう。健ゾウ(健助の心臓)もかわいい。型破りな道士郎のおかげで調子狂いつつ、自分で首をつっこみ始めてる健助殿がいい感じ。問題対処能力が実はすごいあるよね。お年寄りを狙うひったくりに驚愕する道士郎を見て、本当は道士郎の反応こそが正しいんだよなと、鈍感になっている己を省みたりした。
読了日:08月08日 著者:西森 博之

道士郎でござる 3 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 3 (少年サンデーコミックス)
再読。きたー開久編!みんなの誤解と池内の想像が面白すぎる、最高。3巻を読むと4巻を読まずにはいられない終わり方がすごいイイよね。おにぎりを食べられちゃった道士郎はかわいそうだ(サータンとエリタン地味にヒドイ)。
読了日:08月09日 著者:西森 博之

人生を変える! マンガ名言1000人生を変える! マンガ名言1000
正直、1000は多い。多すぎてどれも頭に残らない。100くらいでいいです。そんで、各章の冒頭のようなコマの抜粋と解説を、ぜんぶの言葉に付けてほしい。前後のストーリーや絵があってこそのマンガ名言なので、台詞だけ抜き出されても……と思ってしまいます。
読了日:08月09日 著者:日本博識研究所

道士郎でござる 4 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 4 (少年サンデーコミックス)
再読。ポックル仲田爆誕の4巻。ミヨッペも梢っちもかわいいなあ!
読了日:08月10日 著者:西森 博之

道士郎でござる 5 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 5 (少年サンデーコミックス)
再読。級長会編だいすき。健助たちが渡り廊下でだべってお互いの武勇伝を繰り返し讃えあうように、私も何回も読み返すエピソード。たぶんこいつらオッサンになっても繰り返し語り合うだろうな。
読了日:08月10日 著者:西森 博之

道士郎でござる 6 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 6 (少年サンデーコミックス)
再読。達吉いい男になったよなー、道士郎たちと出会ってほんとによかった。そしてエリタンのこの笑顔…っ!
読了日:08月10日 著者:西森 博之

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:08月11日 著者:荒川 弘

銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:08月11日 著者:荒川 弘

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:08月11日 著者:荒川 弘

銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 4 (少年サンデーコミックス)
面白すぎるんですけど
読了日:08月11日 著者:荒川 弘

ラストイニング 34 (ビッグ コミックス)ラストイニング 34 (ビッグ コミックス)
八潮カッケー
読了日:08月11日 著者:神尾 龍

弱虫ペダル 24 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 24 (少年チャンピオン・コミックス)
真波くんも普通じゃなかった。最後の特別編かわいかったな!坂道と巻ちゃんのペアはなぜか和みます。
読了日:08月11日 著者:渡辺 航

信長協奏曲 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
森さん…うっうっ。最後の読み切りも面白かった。
読了日:08月11日 著者:石井 あゆみ

それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)
真田の妄想と暴走がほんとかわいくて、ニコニコしちゃうわー。みんないい子いい子。
読了日:08月11日 著者:石黒 正数

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
ほのかに両想いの匂いがしてよかったです。そこまで破天荒じゃない、むしろ優しくていいやつな黒猫。
読了日:08月11日 著者:森 晶麿

道士郎でござる 7 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 7 (少年サンデーコミックス)
再読。祝・サータンモテ期到来。道士郎は外見のわりに「カッコイイ」の部類には入らないんだけど、この巻はもー超カッコイイと思う。物陰から勝手に見て勝手に学んでる神野がなんかオモシロイ。
読了日:08月13日 著者:西森 博之

道士郎でござる 8 (少年サンデーコミックス)道士郎でござる 8 (少年サンデーコミックス)
再読。全8巻とはにわかに信じがたい内容の濃さでござった。健助殿はまっこと男でござった!エリタンは幸せ者です。助けてもらった数だけ、全部覚えてるんだよエリタンは。かけっコのところの見せ方が好き。あー番外編かいてほしいなー健助がおまわりさんになった頃の話よみたいなー!!
読了日:08月13日 著者:西森 博之

佐賀北の夏―甲子園史上最大の逆転劇 (新潮文庫)佐賀北の夏―甲子園史上最大の逆転劇 (新潮文庫)
対象に愛着を持って取材をされている感じがした。写真も何も掲載されてないけど、監督や選手たちの姿が浮かび上がってくる気がした。面白いなー。
読了日:08月14日 著者:中村 計

マダムだもの (幻冬舎文庫)マダムだもの (幻冬舎文庫)
「オット」のエピソードが一番かわいいんですけど、今はもうオットじゃないんだなあとちょっとさびしかったり。
読了日:08月15日 著者:小林 聡美

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)沼地のある森を抜けて (新潮文庫)
こういう展開になるとは予想してなく、戸惑いながら読了しました。叔母の日記にツッコミを入れるあたりが個人的に好き(笑)
読了日:08月15日 著者:梨木 香歩


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック