「何度も読みたい広告コピー」感想





「広告コピー」ときくと、私が真っ先に思い浮かぶのはいわゆる「キャッチコピー」、その広告の見出しになるような一文だったのですが、
この本で主に紹介されているのは「ボディコピー」、商品の機能やコンセプトを伝える、比較的長い文章のほうのコピーです。
だから、すぐ読めると思ったのに意外と読みごたえがあってかなり時間がかかっちゃいましたが、そのぶん満足感はとってもありました。



私にとっての理想のコピーは、読んだあとに、目の前の景色が今までと違ってみえるようなコピーです。
そういう言葉の力を愛しているし、そういう言葉を生みだす人たちのことをかぎりなく尊敬してます。
あいうえおなら誰でも言える、けれど、誰かの心を動かす言葉は、その人自身の心からしか生まれないものだと思うから。



本書に載っているコピーはすてきなものばかりですが、中でも特に心に残ったものを以下に抜粋しときます。
自分のためのおぼえ書きなので、長いです。




 
 

「母がわらう」を、私がもらう。


自分のことは後回しで、いつも家族のことばかり。
心配したり、気づかったり。そんなあなたの照れた
笑顔を見たいのです。産んでくれて、ありがとう。
思ってくれて、ありがとう。叱ってくれて、ありがとう。
今さら言えない数々の「ありがとう」を精一杯贈ります。
5月の、その日。いちばんしあわせなのは、
母さん、あなたのはにかんだ笑顔を見る私です。


5・9 母の日


・・・東武百貨店[商業施設] ポスター 斉藤賢司
父の日バージョンもありました。






あなたが動けば、心は動く。


待ち合せの10分前に着いたら、もう待っていたこと。
動物園のゾウが友達に似てたこと。
デパートで帽子をたくさん試着しあったこと。
偶然見つけた小さな神社で柏手を打ったこと。
とんこつラーメンとつけめんを頼んで半分こしたこと。
展望台から見た夕陽がきれいすぎたこと。
電車の中から手をふったら窓ガラスが息でくもったこと。
改札のざわめきも、頬にあたる風も、
たとえ何年経っても、思い出せそうな気がする。
どんなにささやかでも、自分で動いたこと。
だれかと感じたことは、消えないのだから。


・・・スルッとKANSAI[交通ICカードサービス] ポスター 斉藤芳弥







人生でいちばん
応援してもらえるのは、
受験の時かもしれない。


受験生は、いい顔をしている。
君はまだ、気づいていないだろうけど。


バスの中、塾の帰り道。


背負ったことのない
大きな期待や、重圧や、不安と戦っている。


お守り、弁当、手編みのマフラー。


家族や、教師や、友達に背中を押されながら、
目標に向かって、歩いていける。


受験生は、幸せだと思う。
君はまだ、気づいていないだろうけど。


・・・イナダ「稲田塾」[教育] 新聞 廣畑聡







なぜ、
同じ毎日をくり返しているのに
未来をつくれるのか。


イチローの1週間は、まるで、
同じ1日を7回繰り返しているかのようだ。


いつもの時間に球場に着き、
グラブを磨き、ストレッチをする。
そして、いつもと同じリズムで、打席に立つ。
新しい結果をつくろうとしているようには、とても見えない。
それにも関わらず、イチローが
未来をつくり続けられているのは、何故だろう。


彼は言う。
確かな一歩の積み重ねでしか、
遠くへはいけない、と。


通信だって、同じことだと思う。
今日の一歩が集まって、大きな未来になっていく。
進化を続ける方法は、他にはない。
そう。未来は、今日、つくられる。


今を未来にする光。NTT東日本


・・・NTT東日本[通信] 新聞 細田高弘







ケータイをもたせる。もたせない。
塾にかよわせる。かよわせない。
ゲームであそばせる。あそばせない。
個室をあたえる。あたえない。


こどものモンダイは、
ぜんぶ大人が問われているんだ。


答えはすぐには出せない。
でも、きみたちと一緒に
考えたり悩んだりして、
見つけていくことならできる。


未来を生きるのは、きみたち。



でも、未来を生きる力と
知恵を伝えられるのは、
私たち大人しかいないのだから。


・・・三井住友銀行[金融] 雑誌 石川透







いつか、未来をつくる、君へ。


毎日、毎日、毎日。
汗にまみれて訓練をかさねる君に、
指導者として、伝えておきたいことがある。
僕がほんとうに君に教えたいのは、
溶接や旋盤の技能だけではない、という話を。
つくる、は簡単じゃないかもしれない。
つくる、は派手じゃないかもしれない。
つくる、は楽しいばかりじゃないかもしれない。
だけど、この国のものづくりを、
自分のこの手で支えているんだと実感できる、
そんな喜びにも、あふれているということを。
できることなら、君に、教えたいと思う。
だから君は、今はただ、つくり続けてほしい。
僕は、最高のものづくりをする、君をつくろう。
いつか、僕から君に教えられることが、
何ひとつなくなる日まで。


つくろう。


・・・日立製作所[電子機器メーカー] 新聞 小澤裕介







サポーターは移籍しない。


ことしは開幕3連勝!ほんの一瞬だけど、4年目にして初のJ2首位も味わった。
ジ~ン。でも、前半戦は8勝4分14敗。はっきり言って弱い。
悔しい。っていうか、ムカつく。っていうか、情けない。
あ~、一体いつになったらJ1昇格できるんや?なーんて、
まるでどこかのプロ野球チームの監督みたくボヤきたくもなるというもの。
その気になれば、浦和レッズにだって、鹿島アントラーズにだって、
ガンバ大阪にだってサポーターは移籍できる。
でも、きっと絶対サポーターは移籍しない。
さいごは、やっぱりLOVEだから。
ということで反撃だ。愛媛FC!愛媛の意地ってもんを見せてやろうぜ、愛媛FC!
We are 愛媛FCサポーター。
We are J2で一番あきらめの悪いサポーター。


・・・愛媛FC[スポーツチーム] ポスター 坂東英樹







シアワセのための23のことば


ひとつ、晴れを信じて、なるべく傘はもたないこと。
ひとつ、夢のなかでは、仕事をしないこと。
ひとつ、遅咲きでも、咲いておこう。
ひとつ、イエスかノーか迷ったら、ニャーと答えてみる。
ひとつ、そこに山があっても、のぼりたくなかったら、のぼらない。
ひとつ、たとえウソをついても、本当にすればウソツキじゃない。
ひとつ、天は人の上に青空をつくり、人の下に大地をつくった。
ひとつ、千里の道も、スキップしてゆこう。
ひとつ、隣りの芝生が青かったら、遊びにいっちゃう。
ひとつ、ひとりが淋しいうちは、ふたりでも淋しいよ。
ひとつ、夢は近づき過ぎると見えなくなる。
ひとつ、カンちがいも才能だ。
ひとつ、雀の子、そこのけそこのけ、わたしが通る。
ひとつ、あきらめが早いって、切り替えが早いことでもある。
ひとつ、売られたケンカは、いまお金がないから、と言って買わないこと。
ひとつ、つまんない時は、つまんない顔しちゃえ。
ひとつ、時には家出をしてみる。ひとり暮らしでも…
ひとつ、総理大臣になったら、やりたいことが3つある。
ひとつ、努力も大事だけど、直感も重視する。
ひとつ、女の一年は男の十年。
ひとつ、よくばりは、幸福のはじまり。
ひとつ、人にやさしく、自分にいちばんやさしく。
ひとつ、後ろ向きも、後ろから見たら前向きだ!


着がえよう。


・・・オンワード[アパレル] 雑誌 三井明子



 



この記事へのコメント

  • 柳 多久

    三森さまのおぼえがき、見入っちゃいました。
    どれもすっごく素敵なんですが、
    特に一番最後の「オンワード[アパレル] 雑誌 三井明子」は印象に残る言葉がいっぱいで、思わず笑顔になりますね!

    「ひとつ、隣りの芝生が青かったら、遊びにいっちゃう。」とか、
    「ひとつ、総理大臣になったら、やりたいことが3つある。」とか、
    「ひとつ、人にやさしく、自分にいちばんやさしく。」とか。

    思わず笑って、肩の力が抜けて、頑張ろう! という気持ちになれてほんと素敵です^^

    一番最初の、「『母がわらう』を、私がもらう。」も、
    シンプルだからこそ、ズバーンときますね。
    親孝行しなきゃ、と月並みですが思いました。

    素敵な本と言葉の紹介、ありがとうございます~^^
    2013年01月09日 20:08
  • 三森紘子

    柳 多久さんへ

    コメントありがとうございます!

    オンワードのコピー、いいですよねー!
    私は「イエスかノーか迷ったら、ニャーと答えてみる。」「売られたケンカは、いまお金がないから、と言って買わないこと。」が特にお気に入りです。

    「『母がわらう』を、私がもらう。」も、読んだときじわーっと泣いちゃいました。
    実際の広告には中年の女の人の笑顔の写真が載っていて、それもまた良かったんです^^
    父の日バージョンもすごく良かったですし、もしどこかで本を見かけたらぜひパラッと見てみてくださいね^^
    2013年01月12日 11:47
  • 透析鉄

    なかなか味わいがありました。
    両親もそれなりの年齢ですから、母の日・父の日等は、大切にしないとなりませんね。
    確かにWEBでは横から割り込んできては因縁をつけてくる輩、SNSでもいますね。
    馬鹿は相手しないようにしています……残念ながら本当にどうしようもないのがいますので……。
    2013年02月27日 06:01
  • 三森紘子

    透析鉄さんへ

    コメントありがとうございます。
    母の日・父の日は、自分が歳をとっていくごとに大切になっていく気がしますね。
    「売られたケンカは今お金がないからと言って買わない」、スマートですよね(笑)そういう大人の対応を私も覚えたいと思います。
    2013年03月03日 18:49

この記事へのトラックバック