2013年2月によんだほん(前半)

キッチンの照明をようやく取り換えました。
チカチカしなくなってものすごく快適! なんでさっさと換えなかったんだろう。


2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:37冊
読んだページ数:8323ページ
ナイス数:146ナイス



◆今月の特選◆



ダークアクト (ジャンプコミックス)

手にとるまでずっとタイトルをダークア「ウ」トだと思ってました。アウトじゃダメだろ…



永遠の0 (講談社文庫)




長嶋有漫画化計画




月光条例 21 (少年サンデーコミックス)

盛りあがってきてすごい滾ってきたので。



一覧はこちら↓
桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ感想
おもしろかったー。自分の高校時代はああだったとかこうだったとか思い出したー。
読了日:2月2日 著者:朝井 リョウ
「お笑い」日本語革命「お笑い」日本語革命感想
「みたいな。」とか「キレる」とかの使い方を広めたのはお笑い芸人だよという論。面白いです。著者は探偵ナイトスクープのプロデューサーの方。
読了日:2月2日 著者:松本 修
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
読了日:2月2日 著者:三上 延
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)感想
おんもしろーい!! これが全10巻シリーズで、この先もいっぱい読めるんだと思うとワクドキが止まらない。銀河英雄伝説の1巻を読んだときのワクドキに似てる。カドム、エランカ、クレヴ、ザリーチェあたりがお気に入りです。
読了日:2月4日 著者:小川 一水
ダークアクト (ジャンプコミックス)ダークアクト (ジャンプコミックス)感想
WEBで1話立ち読みしてからずっと読みたくて、やっと買いました!すごく好きだ、テンション高い絵柄もやられ役なストーリーも。レイブン様マジかっこいいぜ、男だぜ。マロ君もチェリーもかわいいし、おまけマンガも全部かわいい(特に十刀の後日談が最強になごみまくる)。本音はもっと読みたいけど、全1巻というのが収まり良いし買いやすいしで、まあつまりオススメです。
読了日:2月5日 著者:服部 昇大
星の海にむけての夜想曲 (星海社FICTIONS)星の海にむけての夜想曲 (星海社FICTIONS)感想
どう捉えたらいいのかわかりかねる話だったけど、わかりたくないのかなという気もした。わたし自身の臆病さで。ものすごい意思が込められているんだろうけど。ユヤタンの本読むの久しぶりだな。挿画の女の子の瞳がすごくきれい。千年後にも人類はまだ生きてるのかな。
読了日:2月5日 著者:佐藤 友哉
誰が為に鋼は鳴る (ビームコミックス)誰が為に鋼は鳴る (ビームコミックス)感想
本の整理中に再読。でもこれは手放せない…。目に見えない気持ちが人を動かす、人を生かす、人を輝かすんだってことを教えてくれるから。瑞々しくて眩しい小さな佳品です。
読了日:2月6日 著者:天乃 タカ
恋文日和(2) (講談社コミックスフレンドB (1230))恋文日和(2) (講談社コミックスフレンドB (1230))感想
整理中再読。この2巻の最初に載ってる真夜中FAXの話がいちばん好きさ。同じことやったら私も絶対相手に恋する!
読了日:2月6日 著者:ジョージ 朝倉
f植物園の巣穴 (朝日文庫)f植物園の巣穴 (朝日文庫)感想
何とまあ半年以上も積読してしまった…。ハードカバーで一度読んでいたから余計に後回しになっちゃいました。「坊」にまた会いたかったので、「坊」が登場した中盤あたりからは速かったです。主人公の佐田豊彦に、なんだかなぁとあきれる所もあるけれど、最後はしみじみ温かい気持ちになれる。自省の話だからかなあ。
読了日:2月7日 著者:梨木 香歩
新、料理のあとさき新、料理のあとさき
読了日:2月8日 著者:土井 信子
SKET DANCE 29 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 29 (ジャンプコミックス)感想
表紙…表紙(笑) スライムのボッスンがかわいかった〜。ハリウッド先生の話もケタケタ笑いながら読みました。
読了日:2月9日 著者:篠原 健太
ラストイニング 36 (ビッグ コミックス)ラストイニング 36 (ビッグ コミックス)感想
日高だいじょうぶかー。
読了日:2月9日 著者:神尾 龍
銀魂―ぎんたま― 48 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 48 (ジャンプコミックス)感想
刀と鞘の話はアウトな気がするんですけど(笑)ギャグでも普通に見てて痛そう(笑)
読了日:2月9日 著者:空知 英秋
君に届け 18 (マーガレットコミックス)君に届け 18 (マーガレットコミックス)感想
さわこと風早が普通のカップルみたくなってきて感動!女子トークもかわいかったな。
読了日:2月9日 著者:椎名 軽穂
タウ・ゼロ (創元SF文庫)タウ・ゼロ (創元SF文庫)感想
これもだいぶ積読してしまった。ええーー?そんなこと考えつくのーーーっ!?とあまりのスケール感にクラクラします。宇宙船が加速を続けて、地球から距離も時間もめちゃめちゃ遠くなって、地球も太陽もなくなって宇宙がついに死にかけてもまだ飛び続けて…という話(ちなみに専門的な記述は90%くらい読み飛ばした…)。人間ドラマのほうはくっついたり別れたり元サヤにおさまったりでお疲れさま…と思いました(笑) 多分レイモントがいなかったら途中で全滅とかもありえたかもしれないな。
読了日:2月10日 著者:ポール アンダースン
子供にしてあげたお話 してあげなかったお話子供にしてあげたお話 してあげなかったお話感想
してあげたお話はほのぼのと微笑ましい。してあげなかったお話はぞわっとするものが多い。「お兄ちゃま」が特にこわいよ〜。娘さんとのやりとりを書いたエッセイ(?)はかわいいし、飼い猫の視点で書かれた「ジャムは公園で」が切なくてちょっぴり泣けた。岸田今日子さんて多才な人なんだなあ〜。
読了日:2月10日 著者:岸田 今日子
間取りの手帖remix (ちくま文庫)間取りの手帖remix (ちくま文庫)感想
間取り図を眺めるの大好きだ。普通の間取りでも楽しいけど、これには変わった間取りばかり載ってるので、ツッコミ入れつつ眺める楽しみもあります。「ルーフバルコニー100帖」にはコメントと同じく「広っ!」と叫んでしまった(笑)。賃貸広告会社に勤めてた人の話もすごうく興味深かった!現況優先ってそういう意味なのか。
読了日:2月10日 著者:佐藤 和歌子
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)感想
ずっと残り続けてほしい作品だ、って心から思う。私の祖父(故人)も大正八年生まれで私自身も主人公姉弟と同世代なので、他人事と思わずに読んだ。ほんとに今が最後のチャンスなのかもなあ。もう一度といわず、何度も読み返したいなと思った。
読了日:2月14日 著者:百田 尚樹
夜の小学校で夜の小学校で感想
しずかであたたかい手触りのお話。
読了日:2月14日 著者:岡田 淳
ヤンキー君とメガネちゃん(12) (少年マガジンコミックス)ヤンキー君とメガネちゃん(12) (少年マガジンコミックス)
読了日:2月15日 著者:吉河 美希
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.5 (Holly NOVELS)吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.5 (Holly NOVELS)感想
暁の子ども時代の番外編が読んでいて辛かった。とにかくリアルで…。本編(すごく短い)はアルの可愛さに和みまくり。早く暁と会わせてあげたいよ。
読了日:2月15日 著者:木原 音瀬


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック