ゴールデンカムイアニメ感想(メモ) 第四話~第六話

ただのメモです。
1話ずつ追加していきます。
原作の話もしているのでアニメのみの方はネタバレにご注意ください。




第四話 「死神」



は~~・・・ま、満足・・・串・・・
すごい密度のストーリーの中に食レポを3件もぶっこんできた、本気のグルメ回でもあった


子熊は抱いてきたのに小刀も銃剣も忘れてきた杉元
アシリパさんガーガー怒ってて、善き
「ヒドーイー」(カワイイ)からの、「なんか用か」の声音ーッ(カッコイイ)
オソマちゃんのお父さんの声とっても渋い、好き
コタンで過ごす杉元ほんとによい兄ちゃん、トゥレンペへのお供えをちゃんとやってフチと微笑みあっているところ好き、大好き、ニコニコ
この作品のお年寄りや子どもを大事にするところほんと好き
ストゥのシーンもキサラリのシーンもかわいかった
杉元の悲しげな表情おもしろい、みんな聴くぐらいはしてあげてw
しかしう゛ぇろろろの再現は難しいですよね

レタラとの別れ悲しすぎる、やめてやめて・・・泣くから・・・
やめてやめて・・・出会ってから今までのアシリパさん回想とか挟むの、 もう大事な存在になっちゃってるやつだから、別れがつらいやつだからやめてえええ
OP映像ってここのシーンのそういう・・・!?
一度離れた杉元をアシリパさんが迎えに来てくれたストーリーだったの・・・?やだ感動する
アシリパさんが元気にプンプン怒ってるから悲壮感なくて助かるけど、こんな去り方されたら下手したらトラウマ増えるよ、ダメだよ杉元
アシリパさんを大切に思う気持ちはフチも杉元も一緒なのに・・・
ああ切なかった

跳び蹴りの飛距離ヤバない?
やだ鶴見中尉すてき
片っぽ靴下ちゃんのかぐわしさの表現力
「靴下ちゃん」っていう言い方がかわいいんだけど、そういう言い方をする地域があるのかな?(私は使ったことない)
白石の再登場うれしいな~、アニメの白石すっごく安心する~、画面の隅っこに常に居ててほしいくらいの安心感
声優さんの力かな
痛だだだだっとクーンがかわいかった、まじかわいかった
アシリパさんの戦闘能力高いなぁ
二階堂兄弟はもう来週には一人になっちゃうのか・・・
ED曲がフライングで流れる演出わりと良かった
あっ、何かないと思ったら梅ちゃんの回想がまた入らなかった~、もうこのまま無しで行くのぉ~?どこか尺が余るタイミングで入れてくれると信じているよ
次回は白石のヌッタァとはらわたを盗む最高な杉元とオソマで仲直りもある?名シーンばかりで楽しみだーッ!


ほっぺ串刺し堪能しました~ありがとうございます。痛い描写は基本苦手だけどあれは大好きなんだ杉元がかっこいいから・・・。
しかも一度一本抜いたのにさらにまた二本刺されるというところにグッとくるものがあります。なんなんだろうこの気持ち?
ほっぺに串刺さった状態の声の演技が徹底していてよかったですね。何か棒状のものを口に入れてアフレコされたのだろうか?
鶴見中尉の歯ガチガチもよかった。前回で和田大尉の指食いちぎってるの見ちゃってるから、これだけでもヤバさが際立つ。
杉元の椅子1回転、これぐらいできますけど?みたいにめっちゃサラッとやってたw普通はできないよーッ!
あれも、人を呼ぶためにわざと大きな音を立てたっていうちゃんとした理由があるのがいい。合理的、戦闘の才能すごい。


今回はド深夜にがんばって起きてリアルタイムで観たんだけど、観たあと興奮して寝れなくなったので、やっぱり大人しく録画で観たほうが無難かもしれない。
しかも寝ぼけて操作を間違って冒頭部分録画ちょっと途切れちゃったし・・・ヒンッ・・・悲しい・・・


アニメイトで「ボリボリしちゃおうか」って言ったらうまい制裁棒(オソマ味)をもらえるらしいですね。何その楽しそうな企画?天才?
パッケージもかわいい~、普通に発売してー、買うよー。


鶴見中尉めちゃくちゃ綺麗にお団子食べてたけど、それでもあの串には微量の団子成分が残っていると思うので雑菌が入っちゃうんじゃないかと気になります。新品の串を使った場合よりも患部が腫れたりしそう・・・。・・・どうでもいいな!!!
ほんとにあのハハハッて笑ってた直後にブスッと刺されるのが緊迫感すごくて、緩急の付け方とかとても好みでめっちゃ良かったですありがとう。


杉元が子熊を可愛がる描写が思ったより多くて、あれはコタンを出ていくシーンをより効果的に魅せるための布石的な意味合いがあるんだろうというのは何となくわかるんですが、それにしたって可愛がりすぎてて、母親~っ!ってなって大変でした。
あまり可愛がるなって釘さされてたのにも関わらずめちゃめちゃ可愛がる杉元・・・


二階堂兄弟役は杉田さん(名前を把握している数少ない声優さん)って知ってたけど、知らなかったら気づいてなかったな。声優さんってすごいわあ~・・・。
二階堂ぽくていい感じだったし今後の演技も楽しみ。


娼館で働いてる男再登場おめでとう
ゴールデン道画劇場はカワウソだった、やっぱり絵面が衝撃的だ
アシリパさんのキサラリを子どもたちが怖がっている間じゅうずっと悲しげな表情の杉元
白石の逃走がノーカットだったの嬉しい(BGM流れ始めてすぐ止まるの好きw)
あと、杉元の「このままでもじゅうぶんうまいんだが」っていうセリフがカットされず毎回ちゃんと入ってるの素晴らしい、アニメ制作者の方達わかってる!!!


あああーーー前半パートの最後は何回見てもせつなくて涙が出る



(原作、服装の話など)
杉元の服装、季節や状況に合わせて上着を脱いだり中の着物を脱いだりシャツ1枚だったりするのを見るのがたいへん楽しくて好きであります。
でも一番好きなのは全アイテム重ね着してるやつ!!!着膨れしてるけどこの中にしっかり肉体が詰まってるんですよ、という感じがするのがよい!!!
アシリパさんは真冬のモコモコ靴もめちゃくちゃかわいいし、夏の軽やかサンダル姿もくるぶしの華奢さがわかっていい!どっちもいい!!!
白石はドテラっぽい上着や継ぎあてズボンで一見もっさりかわいい感じなのに、中のカッチリしたベストとシャツの組み合わせがかっこよくてこれまた大変よろしい!!!
何なん!みんなメッチャ好き!!!ってなります。忙しいね・・・。

アシリパさんが家の中で座るとき、いつもキチンと正座しているのがすごくかわいく、素晴らしいお嬢さんだなっと思います。アイヌの文化的なものなのかな。
杉元は女の子座りしてるのが多いので正座苦手なのかな、って思ったけど、あれは硬いブーツ履いてるからとかそういう理由かな、いずれにしても大層かわいいですよねぇあれ。






第五話 「駆ける」




※イケオジが大集合の回ヒンナヒンナ
アシリパさんが杉元の強さの本質を正しく理解しているのがもう・・・
白石めっちゃスムーズに入ってきたw
浩平が痛切な声で泣き叫んでてかわいそう・・・
はらわた盗むやつマジですごい賢い恐ろしい
咄嗟の機転でそんなことやってしまう杉元もすごいし、それを短時間で見抜く鶴見中尉もすごすぎる
馬ですぐ追いついてる早い!落馬しても即走り出せるのすごい!鶴見中尉~
白石のコスプレかっこいいな
実は仕事できるんだよな白石
土方さんのかっこわるい瞬間というものが無い
私ももう少し体が動けば・・・とかまだ大人しいこと言ってた頃の永倉さん(懐かしい)
すぐに情がうつる杉元
馬の顔がとてもかわいかった
アシリパさんと再会してばつの悪そうな声の杉元・・・ストゥの制裁により谺する悲鳴・・・
雰囲気わるい二人たまらんな、気まずいとか思ってる杉元たまらん
レタラが馬肉に興味津々なのかわいい
桜鍋で仲直りきた~~~~ッッ大好き大好き
白石は夫婦喧嘩って言ってるけど今はまだ相棒関係の二人がいい、しかし五年後あたりにはぜひお願いしますという気持ちを常に持っている所存です
牛山の高い高ーい!に笑ってしまったw
渋川ぜんじろうさん何だか色気がすごかった(合掌)
サルナシのくだりと「すごい力だ!」があってよかった
女の子座りの杉元がかわいいし間接キ・・・!?ってなってドキドキする
かんじき作ってもらったのも思い出だからね・・・
二瓶の満を持しての登場感がすごい
超かっこいいんですけど、アニメ制作の人たちも全員超かっこいいと思って作ってるやろ絶対
まじで超かっこいいんですけど
リュウもかわいい最高
まだ軍帽をかぶりし頃の谷垣もギラギラしていて良い
来週は二瓶回だ・・・楽しみすぎるし魂も勃起する


アシリパさんが味噌を初めて口にするシーン、ほんとに大好きで・・・めちゃくちゃ重要なシーンだと思っていて・・・
杉元が黙って行ってしまったこと=自分を相棒扱いせず、信頼してくれなかったことに対して怒ったアシリパさんが、「絶対に食べないぞ」と拒否していた異文化の食べ物を口にすることで、杉元に対する信頼を見せたという場面だよね。
だから原作も大ゴマ見開きを使って描かれていたよね。
アシリパさん・・・なんって男前なんだ。そりゃ杉元も泣いちゃう。二人の橋渡しをしてくれた味噌に本当の意味でヒンナヒンナ。きっかけを作ってくれた白石にもヒンナヒンナ。
「オソマおかわり!」からの流れは、リアルなアハハウフフキャッキャッでしたね~ほほえましい~。
アシリパさんの変顔バリエーション(おでこ光ってるのかわいい)と、一緒にはあああ~ってなってる杉元もとても良かったです。


わたし杉元の次ぐらいに好きなキャラが二瓶なんですけど、アニメの二瓶オジほんと最・・・・・・・高・・・・・・・ですよね・・・・・・。
なにもかも最・・・高・・・・・・
こんなに最高なのにたぶん次回で出番終わる・・・。いやだ・・・毎話回想シーン作ってほしい・・・ことあるごとに谷垣に二瓶のこと思い出していてほしい・・・


五話を何周かしてて、何か作業しながら音声だけ聴いていたら、声が全員ほんとに素晴らしくて、耳がめちゃくちゃびっくりした。エッ何この美声たち!?ってなりました。特に鶴見中尉オンステージ。音楽も好きだし。改めてスゴイ・・・このアニメスゴイ・・・
あとサルナシのところは音だけ聴くとえろかった・・・アシリパさんのチューチューは微笑ましく聴けたけど杉元のんっんっはえろかったんやで・・・でも原作の通りだからしょうがないんやで・・・


(原作の話)
(ヤンジャンアプリのサービスが始まって、日付が変わると同時に最新話が読めるというすごい時代が到来している。今週号笑えてかっこよくてときめいたのでとても満足)
(6月に出る14巻が楽しみです。いろいろ大変な展開になるって知ってるけど・・・。たぶん14巻収録分で、肉体の存在感が本当に素晴らしいなって感動したことがあったのでそのコマを早く紙媒体で眺めまくりたい。野田先生絵がうまい・・・本当に・・・)
(そういえば杉元の手持ちの衣装着まわしコーデバリエーションがまた増えていたな!どんだけ組み合わせ増やす気なの!好き!)


白石の「決まりだな」っていう言い方大大大好き
月島軍曹めっちゃ出てますね
「オラ行けッ走れ走れッ」の直後の杉元の目元のアップ、むちゃくちゃ可愛くなかったです?






第六話 「猟師の魂」



勃起が止まらんこれはヤバイ
う~ん・・・最高としか言葉が出てこない
えっほんとにほんとに、最高だった
言葉は使い古されていくから、この胸に沸き起こる新鮮な感動を正確に表現しようとして、我々オタクは日々新語を生み出したり奇声を発したりするんだろうな
既存の言葉ではあらわせない感動について、でも何とか語りたくて


アニメのことは詳しくないが、詳しくない人間なりにも様々なアニメ表現を駆使して優れた演出方法がとられているように感じた
30分すぐ終わったように感じられたけど、思い返してみたら内容すごい濃かった
今話の絵コンテは「うしおととら」の監督さんが担当したとのこと、そっかーどうりですごく好きな感じだった
てっきり二瓶の出番は今回で終わってしまうかと思っていたけど次回へ続いた嬉しすぎる ぬうう・・・勃起
二瓶だよ二瓶二瓶何なのぉぉ・・・全ての瞬間がかっこいいし好きだ、原作でも全てのコマが好きなんだけどアニメでもそうだった、何なのだ・・・どうすりゃいい・・・


アシリパさんの格好良さもえげつない、崖を軽々滑り降りたり鹿にとどめをさしたりレタラを弓矢で救ったり
めちゃくちゃ男前、美しさ、そして泣き顔(ヒンッ)のかわいさ
杉元の顔が一話と同じ雄々しい感じだった、好き~~~ってなる
戦場のトラウマ話とむちゃくちゃ・・・むちゃくちゃ合う
ともに戦争体験のある杉元と谷垣がそれぞれ他者によって傷を癒されるみたいなそういうの、そもそも原作がそうなんだけれどつくづくお話作りの良さっていうか
素晴らしいですよね
ほんとにいい、ほんといいシーン群、はぁぁ幸せ、あ~言葉にできん
鹿の体内が本当に熱そう、命そのものだ


リュウかわいいかわいい、谷垣との2ショットでさらにかわいい
杉元の「重たぁ~い」がすごく甘えたな感じでめっちゃよかった、忙しいお母さん(←アシリパさん)とまだまだ甘えたい子ども(←杉元)のやりとりみたい・・・
鹿の宴(with白石)ダイジェストだったけどとっても良かった、むしろテンポ良かったかもしれない、白石は癒し
アシリパさんにチタタプ食べさせてるところかわいい
もう杉元のアシリパさんに対する敬愛が決定的
この3人が愛しい~愛しいよ~
糞のモザイクちょっと笑った、銀魂を思い出した(笑)
好きなキャラ(杉元)と好きなキャラ(二瓶)が戦うのご褒美でしかないなぁ、ハァァ~最高だよこいつぁ



DVD&Blu-rayの発売が映像クオリティ向上のため延期になるそうで、えっめっちゃ楽しみ。一ヶ月とか余裕で待てる。楽しみにしております!





この記事へのコメント