横丁を飛び出して ~宮本福助「拝み屋横丁顛末記」14巻

毎度一話完結の拝み屋ですが、14巻は珍しく一冊まるまる長編でした! いつもの調子で、伊堂寺さんと里美さんのプロポーズばなしで一件落着かと思いきや、なんと里美さんが怪しい車に連れ去られてしまい…!? 里美さんの実の親のお家騒動に巻き込まれ、婚約者の伊堂寺さんを始め横丁の人々が色々と大変な目に。 それとは関係ないところで、正太郎もピンチに(笑)(しかし成長したなあ正太郎、彼女の…

続きを読む

イエス、なんでやねん! ~中村光「荒川アンダーザブリッジ」11巻

読んでからしばらく間があいて見慣れたので、もう表紙については触れないことにして。 笑った…。とにかく、笑った…。 いつもそうだけど11巻は本当にすごくて、お腹の皮がよじれてさらに裏返るかと思うほどでした。 「リクちゃんの金星日記」はなにしろすごい…すごいぞ… そのあと高井の「迷宮ラビリンス」が始まって、果ては流線型(笑)になった高井がド○ゴン○ールよろしく宇宙船で帰還した…

続きを読む

眼の奥に漁り火 ~ジョージ朝倉「溺れるナイフ」11巻

 「――ほかの だれでもない  俺が 兄ィを焚き付ける役じゃあ  したら俺は その火を一番近くで見れるけぇ」 10巻の展開には、イヤだ、イヤすぎる…! と見悶えたものでしたが。 その夏芽の話はちーとも進まず、11巻ではコウちゃんと桜司の話が中心でした。 じ、焦らしプレイ…?(ちがう) 血縁関係がややこしくてわかりにくいんだけど、母親どうしが腹違いの姉妹だから、コウ…

続きを読む

どんなに苦しくても ~和月伸宏「エンバーミング」4巻

 「あなたの言った通りね…  私の終わりは 今じゃなかった  つまり これからもまだまだ 私は苦しみ続けるのね…」 いやー、リッパー=ホッパーの胸部気持ち悪かったー!! 久しぶりの新刊なのに、第一声がこれですみません(笑)いやでもすごいインパクトだったから。 あの毛細血管が剥き出しになったみたいな形状が生理的にイヤすぎて、見たくないのについ見てしまい、この巻で一番印象に…

続きを読む

横丁はいつでも満員御礼 ~宮本福助「拝み屋横丁顛末記」13巻

すべての方に安心してオススメできるスラップスティック拝み屋漫画、13巻出来です。 拝み屋の人々とも長いつきあいになってきましたので、彼らがわいわい楽しそうにしてるのを見るだけで、なんだかこっちもうれしくなってしまうなあ。 というわけなので、夏休みの最終日に東子さんたちが夏を満喫しようとあちこちさまよう話が好きでした。 みんなすっかり大家族みたいになっちゃってるよね。じいさま…

続きを読む