絶望とは ~井上雄彦「リアル」11巻

 「打ちのめされた時 人は真価を問われる  下を向くのか 前を向くのか  あきらめずにチャレンジし続けられるか」  「絶望とは何だ  絶望ってのはあれだ これは違う  これは 幸せって言うんだ」 涙が出るほど野宮が好きなのは何でなのか、その理由がわからなかったりもしたんだけど、 それは野宮がいろんなことを「考えて」いるからなんじゃないかと思うようになってきた。 考えな…

続きを読む

綺麗なお姉さんは桃色 ~入江亜季「乱と灰色の世界」3巻

 「お願いです陣さま これからも  どうか…どうかいくらでも 好きにしてくださいませ」 うおおおおおお!!(大興奮) 狼の発情期でご乱心だった陣さま、2巻の感想で「責任とって珊瑚と結婚しろ」とは言った、確かに言ったけどさあ、 本当に手を出しやがった…! 珊瑚に! 私の珊瑚に!(違う) 朝チュンで寝ぼけまなこでニッコリ笑顔とか、正気に戻った陣さまが昨夜のことを…

続きを読む

井上雄彦「リアル」10巻を読んだ

これは感想が書けたり書けなかったりで、言葉にならないことのほうが多いのだけど、 「読んだ…」ということを、何かに書き記しておきたい作品であります。 野宮みたいな人は、きっとどこかにいるはずだ。 検査結果OKの知らせを聞いて、手を合わせる戸川のお父さんのシーンとかよかった。 拳をゴツッと合わせる男同士のあいさつがすごくうらやましい。 次巻で、野宮劇場の大一番が開幕…

続きを読む

綺麗なお姉さんまだまだ出るよ ~入江亜季「乱と灰色の世界」2巻

表紙と裏表紙が楽しいなあ。この巻に出てくるいろんなものがごった煮状態で。 またしても憧れのつまった2巻でした! ほんともう、これって私だけなんだろうか? 私だけじゃないはず…! 胸とかお尻がボンッと大きくなって服がパツパツになる描写、大好きなんですけど(笑) だから冒頭(描きおろし?)の乱の変身シーンからしてガン見でした。 ボタンのある服は着られないんですね(はじけちゃう…

続きを読む

もう3年生だもの ~たかぎなおこ「ローカル線で温泉ひとりたび」

ひとりたび3年生にあたるのかな? たかぎさんのひとりたびシリーズです。 今回は「ローカル線」そして「温泉」という縛りがついた企画。 北は北海道から西は愛媛まで、ガタンゴトンと電車に乗りまくり、温泉入りまくりのたかぎさん! 一番行きたいな~と思ったのは、福井の「えちぜん鉄道ぶらり旅」。 カニはそこまで好きなわけじゃないんだけど(食べすぎると体がかゆくなる…)、 一度は行っ…

続きを読む