井上雄彦「リアル」8巻を読んだ

私の抱く感想なんて、陳腐すぎてとても書けないと思った。 というわけなので感想は書かないことにします。 書かないけど、読みました。読めた幸せをかみしめました。 野宮が好きだ。野宮の心の在りようが好きだ。 野宮のことを思うと私は、何か尊いものに出あったときのように、ああ…とため息をもらすだけで何も言えなくなる。 野宮のような人がもしかしたらこの世界にも、同じ空の下にもい…

続きを読む

おれがいやなだけだ ~唐々煙「Replica-レプリカ-」2巻

1巻表紙のあまりのかっこよさに、ついつい買い始めてしまったこの漫画。(そんなんばっかりだな!私は!ほんとに!) 2巻は色違いでカルの表紙。赤→黄色で来るとはちょっと意外でしたが、1・2巻を並べてみるとそれぞれの色が映えてとってもいい感じです。 カルの正体を知り、Toyを潰すための組織「CARDS」がどういう者達によって作られたかを知る用心棒の卍・通称「赤狗」。 驚きを隠せな…

続きを読む

化粧水のパッティングより ~瀧波ユカリ「臨死!!江古田ちゃん」3巻

ロ●・リキ●ンスタイン風の表紙が、書店でも目を引きました第3巻。 感想で何回も書いてますけど、瀧波さんの描かれる一枚絵のセンスがめっちゃ好き。毎回の扉絵もことごとく好き。 この巻収録分では、しっとりした花魁のやつと、マッチ売りの少女なやつと、カラーではっちゃけてるフルーツカーニバルなやつが特にお気に入りです。 2巻発売からもう一年になるんだけど、妙に早い気がする。 読むネ…

続きを読む

おれの痛みだ ~唐々煙「Replica‐レプリカ‐」1巻

今月の「ザ☆表紙買い」はこちらです!(笑) 表紙とペンネームのかっこよさに呼ばれてしまいました。 唐々煙(からからけむり)? 何それかっこいい! ときには雇い主をも殺すことで「赤狗」と恐れられる用心棒・卍は、仕事を探してある日訪れた街でおもちゃのような動く人形を目にする。 人を殺すというその人形「Toy」を潰しに空から降ってきた少年・カルは、Toyの生産所「アリス」を発見…

続きを読む

道は続いている ~井上雄彦「リアル」7巻

えーと、今日のお昼休みに全部読んじゃったので、これの感想を先に書きます。 前の巻が出たのっていつの話やねんっていうくらい昔で、既刊も今手元にないし、話もうっすらとしか覚えていませんでした。 6巻がどういう場面で終わったのかすら思い出せない。 だけどもう、もんのすごく面白いです。覚えてなくても面白い。 たぶんこの巻から初めて読んでも面白い。 すごい。流石だ。流石という言葉…

続きを読む