「何度も読みたい広告コピー」感想

「広告コピー」ときくと、私が真っ先に思い浮かぶのはいわゆる「キャッチコピー」、その広告の見出しになるような一文だったのですが、 この本で主に紹介されているのは「ボディコピー」、商品の機能やコンセプトを伝える、比較的長い文章のほうのコピーです。 だから、すぐ読めると思ったのに意外と読みごたえがあってかなり時間がかかっちゃいましたが、そのぶん満足感はとってもありました。 私…

続きを読む

アエラムック「AERA COMIC ニッポンのマンガ」

夏目 そういう見方は一般的にはマニアックと言われるのですが、実際はもう半分クリエーターなんですよ。作っているわけ。キャラクターがいいとか、この時のこれがいい、っていうのは、自分の中でのベストの世界観が既に存在してる。『スラムダンク』の中でもこの時のこの人との表情や関係がいいとか、あるわけじゃないですか。僕は、それは半ばクリエイターになってるのだと思います。 よしなが 江戸時代に…

続きを読む

笹公人「念力図鑑」

校長の無心念仏 50点以下の答案赤紙となる …歌集です。 桜庭一樹さんの読書日記(これ)で紹介されていて、読んでみたくなったので借りました。 (本当はこの前に「念力家族」と「念力姫」があるんだけど、近所の図書館には置いてなかった…) むむむむ、これはおもしろい! なんていうか、小学生にすごいウケそうなおもしろさ(笑) こんなにあっけらかんとおもしろいこ…

続きを読む

再読・岸本佐知子「ねにもつタイプ」

いや~、久々に文庫コーナーをウロウロしてたら、出てるじゃないの「ねにもつタイプ」の文庫版が! 即買いました。 もともと図書館で借りて読んでおおいにハマって、文庫が出たら絶対買おうと思って待っていた甲斐があった。 ハードカバー判から、新たに「桃」「ピクニックじゃない」「ツクツクボウシ」「鍋の季節」の4編を加えた、爆笑エッセイ集です。 読むのは二回目だけど、面白さにまったく変…

続きを読む