というわけで銀行強盗は四人いる。~伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」

なぜかこれ、ノベルス版と文庫版両方を持っている。 文庫版の方が解説がついててお得だけど、ノベルスの二段組みの方がこの話に合っている気がする。なんとなく。 私の初体験イサカは「アヒルと鴨のコインロッカー」なのだけど、2番目くらいに読んだのが本作。 これぞ彼の真骨頂!と快哉を叫びたくなる、めちゃくちゃ面白いギャング小説である。 伊坂幸太郎の魅力については、カバー折り返しで池上…

続きを読む

恒川光太郎「夜市」を読んだ。

すごく期待して読んだので、文章が若干素人くさいのに(冒頭部分とか)ちょっとがっかりした。 期待してただけに余計残念。 でも、デビュー作だし、しょうがないかとも思った。 めちゃくちゃ好きな世界なので、ぜひこれからもこういう世界を書いていって欲しいです。 「夜市」というタイトルがよい。 「お祭り」とも「花火大会」とも違う、得体の知れなさや怪しさが感じられて非常に好み。 第…

続きを読む