おなかいっぱいになりましたか? ~原作・脚本 福田雄一/ノベライズ 相田冬二「大洗にも星はふるなり」

相田さんの新作ノベライズ…もちろん発売日に買いましたけど、読むのは映画を観てからにしようと思ってガマンしてたのに…いつのまにか最寄り館での上映が終わっていました……しょぼーん。 ちょっと終わるの早すぎない!? もうちょっとねばってほしかった~! 最終日の2日後には観に行けたのに~~! しかしこれ以上読むのをガマンするのは無理だ! と思って、結局小説を先に読んじゃいました。 以下、映…

続きを読む

佇まいに惚れる ~梨木香歩「f植物園の巣穴」

本屋でこれを見つけて、パラパラと中身を眺めてみて、ああ、これ! もう、これ! と内心大騒ぎだった。 図書館で順番がまわってくるのを心待ちにしていました。 なんてことない活字の羅列から醸し出される、佇まいというものが、えも言われず良いのである。 わたし、もう、その佇まいに心底ヤラレてしまって、眺めているだけで至福という境地。 梨木さんの内からこういうものが現れるのなら、ひょっと…

続きを読む

連ドラの魅力 ~古沢良太「おいしいごはん 鎌倉春日井米店」

元は連続ドラマの脚本だったのを、脚本家の古沢さん自らがノベライズしたものです。 ドラマは全然観てなかったんだけど、というかこんなドラマがあったこと自体知らなかったんだけど(すいません…)、古沢さんのお名前はよく聞くし、映画「キサラギ」の原作もこの方であるので、興味が出て手にとってみました。 破天荒な頑固親父の突然の入院をきっかけに、絶縁状態の家族が1人、また1人と戻ってきて……

続きを読む

おなかがいたい ~森奈津子「踊るギムナジウム」

昔、「小説ASUKA」という雑誌を購読していた一時期があったのですが、ちょうどその頃連載されていたものに森奈津子の「耽美なわしら」という小説がありました。 タイトルから察せられるとおりのコメディ小説で、ゲイとかレズビアンとかバイセクシュアルとかいろんな人が登場するのだけど「耽美」の「た」の字も出てこない内容で(「バイは倍楽しい」とかそういう名言はいっぱい出てきたけど)、「こ…こんな小…

続きを読む

再読・梨木香歩「家守綺譚」

さいきん、自分のお気に入りを再読するのが楽しくて、本棚を物色しています。 「家守綺譚」のことがほんとうに好きで、何度も読み返しているのだけど、やっぱり何度読んでも、いい。 ほんとうに、好きです。 「村田エフェンディ滞土録」の村田の名前が、作中にちゃんと出ていたんだなぁ。前に読んだときは「村田~」を未読だったのでサラッと流してしまったけど。 隣のおかみさんの泰然としたとこ…

続きを読む