終わりは始まり ~恩田陸「エンド・ゲーム 常野物語」

怖かった。 恩田陸の小説はみんな怖い。 ものすごい怖がりのくせに、恩田陸の描く怖さだけはすすんで味わおうとする自分がよくわからない。 私たちは薄皮一枚で守られた世界に住んでいて、普段はそんなこと意識せずに生活しているけれど、ふとした時にその薄皮を透かし見てみると、おぞましいもの、優しくないもの、残酷なものがひそんでいることに気づく。あるいはそれは、自分自身の醜さであったりす…

続きを読む

光る走路 ~佐藤多佳子「一瞬の風になれ」3

…おもしろいっ! 第一部よりも第二部のほうが、第二部よりも第三部のほうが確実におもしろかった。素晴らしくスロースターターな小説でした。 でも、新二の成長を描くためには三冊という分量が必要だったのだと今ならわかる。 足が速いだけで陸上のりの字も知らなかった新二が、連や仙波と競い合えるまでになるなんて…。 身体だけじゃなく心もこんなにデッカくなるなんて…。 なんだろう、もう…

続きを読む

宴の締めには腹鼓 ~森見登美彦「有頂天家族」

くつくつ、くふくふと笑いながら読む。なんとなく「平成狸合戦ぽんぽこ」のナレーションの名調子を想起しながら読む。 そう、今回は狸が主人公の物語です。遅ればせながら本屋大賞ノミネートおめでとうございます。ようやく図書館から回ってきたので読みました「有頂天家族」。 森見登美彦にハマるかどうかは、文体にハマるかどうかだと思う。 文体がダメだという人には、「何が面白いのかわからない」…

続きを読む

まだ走り出してもいないのに ~佐藤多佳子「一瞬の風になれ」1~2

もう図書館に返さなきゃいけないので、ひとまず第一部「イチニツイテ」と第二部「ヨウイ」の感想。 漫画版が面白かったし、コメントでお勧めもいただいていたので、原作小説を(今さら)読んでみました。 ほぼ予約待ち人数なしで借りることができた。もうブームは一段落したのかな…。 予約限度冊数いっぱいになっちゃってるので、3を新しく予約することができず、しばらくおあずけです。 有○天家…

続きを読む

物語の予感 ~恩田陸「いのちのパレード」

お久しぶりの恩田陸。今回は短編集。 図書館で予約してたのですが、思ったよりも早く順番が回ってきました。 恩田陸の短編は、まるで予告編のようだなぁと思う。 「映画は予告編が一番面白い」というのはよく使われる言い回しで、私もある意味ではその意見に賛成です。 何故かというと、予告編には「予感」が存在するからだと思う。 小出しにされるエピソードから、シーンの断片から、印象的な台…

続きを読む