西森博之「満天の星と青い空」感想

 「俺の知らないシナリオで水上は生きている。  その上、俺のシナリオを書き換えた。  どうやら俺も生きている。とうとうドキドキしてしまったのだ。」 これは一応ちゃんと感想かかねば!と思ってかいてます。  

続きを読む

語りつくしがはじまる ~井上雄彦×伊藤比呂美「漫画がはじまる」

漫画家・井上雄彦と詩人・伊藤比呂美の対談集。 伊藤比呂美さんというのはお名前を見たことがある程度で、あまり存じ上げなかったのですが、お子さんもいらっしゃる女性で詩人の方。 井上先生の漫画の熱烈なファンであるらしく、この対談が実現したそうです。 スラムダンクにはまってからの一年間、毎日(!)全巻を繰り返し読んでおられたというからすごい。 本書では主に「SLAM DUNK」と「バ…

続きを読む

へげげー、となりながら ~三浦しをん「悶絶スパイラル」

活字のほんの感想記事が減っていってることに、もしかしたらお気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、 それはこのブログの更新速度自体が落ちていっているためです。 活字のほんは主に図書館で借りて読んでいるので、返却期限というタイムリミットに間に合わなくて、感想を断念することが多々あるのです。 なのですが、しをんさんのエッセイだけは高速で単独感想を書いてしまうよ! だって…

続きを読む

トラスト・ノーワン ~堂場瞬一「水を打つ」上下巻

 「練習でやれなかったことも、試合ではやれるかもしれないだろう?  自分を信じるっていうことは、自分で限界を決めてしまうことだから――突き抜けろよ!」 「堂場瞬一スポーツ小説コレクション」というシリーズが実業之日本社文庫からいつの間にか出ていて、軽くおののく(武者震いという意味で)。 「大延長」と「チーム」と「ミス・ジャッジ」はハードカバーですでに読んでいたので、と…

続きを読む

たんぽぽとてんとう虫の近く ~伊坂幸太郎「マリアビートル」

「グラスホッパー」の続編、ってことになるのかな? 単独で読んでもオッケーだけど、共通のキャラクターも出てくるので、両方読んだほうがきっと楽しいです。 殺し屋ばっかり出てくる小説。面白かった~!! 東京から盛岡へ向かう新幹線に乗りあわせた、複数の思惑を持つ複数の人間たち。 息子の仇を討つために拳銃を忍ばせた父親や、果物の名を持つ二人組や、 最強最悪に運のない眼鏡の男や、悪…

続きを読む