青い鳥は何処 ~藤田和日郎「月光条例」11巻

お話がぐんぐん動いて、わくわくしてきたよう! 月光の正体とは。アラビアンナイトの世界で、かつて何を行い、そして忘れたのか? 月光の背後に幻として現れる、小さな人影の正体は。 <センセイ>と名乗る男の正体は。 100年前から逃亡を続ける、「青い鳥」の主人公・チルチルの素顔と目的は一体。 これから藤田先生がどんな物語を開陳してくれるのか、楽しみでしょうがありません。 …

続きを読む

じゃあな 宇宙の喧嘩師さん ~空知英秋「銀魂」36巻

表紙の人あれ? 見たことあるよ?知ってるよ? と思ったら洞爺湖仙人だった!(笑) 何のポーズかと思ったらリングディンドンだった!(笑) いや、あなたたちどうがんばってもカエラには勝てないよ!? 洞爺湖仙人、結構好きだったので再登場うれしいです。 何が好きって、小学生ノリなところが(笑) 長谷川さんが分裂してて、しかも言葉もポーズも間違ってて爆笑…! お妙さんは、別に「…

続きを読む

大きな声で君に ~椎名軽穂「君に届け」12巻

くうっ…! って、爽パパじゃないけどむせび泣いてしまった12巻(笑) 子どものいる友だちと「どうする、娘が風早君みたいな彼氏連れてきたら!?」とひとしきり盛り上がり、あ…すっかり親目線だわと思いました。(子持ちの友だちはともかく、私はどうなんだろうそれ) 風早、黒沼家にお呼ばれ! ついに父とご対面! 爽子にもらった毛糸の帽子を誇らしげに持ってくるパパがもーかわいすぎる!!!…

続きを読む

水の中でも咲くひと ~藤田和日郎「月光条例」10巻

11巻が出てからまとめて書こうと思っていたのだけど、工藤サンの笑顔がまぶたに焼き付いて離れないので、それを言いたいがためだけに感想を書いておこうと思います。 というわけで、制服のままプールに飛び込んで濡れ髪で「私も泳いじゃいました。」と笑う工藤サンが眩しすぎて、10巻の他の内容をすべて忘れてしまったのであります。 あとで水着シーンも出てくるんだけどそれすら霞むよ。 なんだも…

続きを読む

エリンの光 ~原作・上橋菜穂子/漫画・武本糸会「獣の奏者」3巻

色鮮やかな表紙…幸せそうなエリンとジョウンおじさん… なんかもう涙で表紙がにじむ3巻です。 ああ、裏表紙のイアルもかっこいいすてき!! 死にそう! 14歳になったエリンは、着実に娘らしさを備えはじめました。鼻筋とおって美人になっちゃってまあ… 「武本さんのエリン」にもう首ったけです。エリンに首ったけ! エリンが獣ノ医術師を目指そうと決意するまでの流れには、誇張ではなく鳥…

続きを読む