今度の敵は日本一 ~藤田和日郎「月光条例」8巻

裏表紙の人魚姫がカワイイ~! 8巻も、藤田先生やりたいほーだいでした(笑) 既存のおとぎ話をねじ曲げるねじ曲げる。オレが子どもに読ませたいのはこういうハナシなんだよ! という、態度が一貫しているのがすごく良いと思います。迷わなくて済むもの。 「あなたがぼくを、勝手に評価するな! ぼくがあなたの役に立つか立たないかなんて、ぼくにぜんぜんカンケーないよ!」 【フランダースの…

続きを読む

ここから ~椎名軽穂「君に届け」10巻

 「いつか 君に 届くだろうか」 あわーわーわー あ――頭のネジが抜けて踊り出した。 そのためちゃんとした感想になっとりませんので、すみません。 いやーもう、なんといいますか、「……やっと届いた……」は反則だと思うのよ。「ぶわっ」ですよ。今世紀最大の「ぶわっ」(←両目から涙がほとばしる音)です。 さわこがんばった! さわこがんばった! うお…

続きを読む

ただの友達(ダチこう)だ ~空知英秋「銀魂」32巻

表紙は結野アナと外道丸で、背表紙はホウイチでした。 これからは、表紙と背表紙は完全に別キャラでいくのかな~? 「かぶき町野良猫ブルース」、すごくよかったです…。 野良猫たちが一斉に、ホウイチを助けに飛びかかるシーンなんて大感動でした。 一件落着したあと、銀さんが町なかでホウイチの姿を探すシーンも余韻があってよかった。こういう演出はカッコイイね。 そして、猫バ…

続きを読む

エリンの成長 ~原作・上橋菜穂子/漫画・武本糸会「獣の奏者」2巻

2巻が発売される前に、原作小説のほうを先に読みました。(1巻のとき書いたとおりになったな…) 漫画版の、あるいは原作の、イメージが違って見えてしまうということもなく、両方をさらに楽しんで読むことができそう。つくづく良いコミカライズです。 この先どうなるかはもう知っているけれど、新たな気持ちで「武本さんのエリン」の行く末を見守っていこうと思います! 1巻から引き続き、エリンが…

続きを読む

コーヒー一杯分の幸せ ~豊田徹也「珈琲時間」

初作品集「アンダーカレント」からもう4年も経っているんですって…。 非常に寡作な豊田徹也さんの新作です。うれしいなあ。雑誌で全部読んでいますが、うれしくて思わず買いました。 表紙の、カップのしみのデザインがとてもよい感じです。 コーヒーがあるだけで、世界はこんなに美しい。 「コーヒー」をモチーフにした芳醇な短編集。 と帯にあるとおり、「話中にコーヒーが登場する」という括…

続きを読む