ツジトモ「GIANT KILLING」14~16巻感想

イントロ感想はこちら 1~2巻の感想はこちら 3~4巻の感想はこちら 5~7巻の感想はこちら 8~10巻の感想はこちら 11~13巻の感想はこちら 20巻の感想はこちら 四ヶ月近く間が空いてしまったり、先に最新20巻の感想を書いてしまったり、いろいろしましたが やっと続きが書けました… ※先の巻のネタバレも出てくると思うので、未読の方はご注意ください。 それでは↓…

続きを読む

祈りに似た気持ちを知っているよ ~なるしまゆり「少年魔法士」14巻

 「――…祈りに似た気持ちを知っているよ  それが瞬間でも ほんの刹那でも  それが人間の永遠だとオレは思っているよ」 「少年魔法士」の感想を書ける日がやって来るなんて… 初めて1巻を読んだのは中学生のときでした。今もなお心のどこかに棲み続けている「少年魔法士」、待望の新刊です。 最新刊が出る前に、すべり込みで大慌てで既刊を読み返しました。 13巻、めっち…

続きを読む

夢の舞台 ~ツジトモ「GIANT KILLING」20巻

 「私はずっと  ピッチに立ちたかったのだ……」 …………すみません、14~19巻の感想もまだ書けていないのに、 先に最新刊だけ感想あげちゃいます!(記憶が新鮮なほうが書きやすいから) 「順番に感想読みたかったのに!」という方、(そんな熱心に読んでくださってる方はそういらっしゃらないとは思いますが) 大変申し訳ございません。読み飛ばしてくださいねー。  

続きを読む

輝ける星 ~羽海野チカ「スピカ 羽海野チカ初期短編集」

2000年~2004年に発表された短編をまとめた一冊。 ハチクロ初期の頃の雰囲気が漂っていて、懐かしくなるとともに、一方では全然お変わりないんだなあとうれしくなりました。 キオの物語二編がとってもとってもかわいい! まさに子どもの頃に読んだ「少年探偵シリーズ」のイメージですね。犬のクルタン(かわいい!)とかは外国の絵本みたいでもあるし。 探偵さんも警部さんたちも粋な大人だ…

続きを読む

両手で頬をパンパン!と叩いて立ち上がった ~羽海野チカ「3月のライオン」6巻

 「戦っているんだ  ――みんな たったひとつの  小さな自分の居場所を  勝ちとるために」 「3月のライオン」の新刊を読むと、読んだその日は何も手につかなくなります。 ひたすらボーッと反すうして、そして反すうし疲れて眠るのです。 読んでいる最中は、面白いとか泣くとか笑うとか、すごいとかひどいとか、かわいいとかかっこいいとか、 わかるとかわからないとか、くるし…

続きを読む