へんてこだからあったかい ~小田扉「しょんぼり温泉」1巻

ジャンプコミックスなので、扉先生の「著者の言葉」があるのがすごく新鮮! 「ともお」にはないからねえ。 みんなそれぞれいっしょうけんめい生きているのに、いやそれだからこそどこかへんてこで味わい深い、扉ワールドはここでも健在です。  ここは寂れた温泉街「諸掘(もろほり)温泉」。  お客の姿も活気もなくなったこの街で、淡々と日々を送る大人達。一方、街の再興に燃える子供達が一生懸命…

続きを読む

原作・綱本将也/漫画・ツジトモ「GIANT KILLING」3~4巻感想

イントロ感想はこちら 1~2巻の感想はこちら 全然進みませんな… 読み返したらついつい熟読してしまってそのまま終了~というパターンにはまっています。だれかたすけて(笑) ※先の巻のネタバレも出てくると思うので、未読の方はご注意ください。 それでは↓(『 』内はその巻に出てきた台詞の引用です)   

続きを読む

そうだ、フランスへ行こう ~篠原健太「SKET DANCE」16巻

  (ボッスンがアタシの事 どう想ってるか……   知らんよ   知らんよ アタシ) 表紙のサーヤが可愛すぎる16巻です。ちょっ…けしからん! 15巻から引き続き、身体が入れ替わってしまったボッスンとヒメコがピンチ! の修学旅行編。 着替え・放尿・入浴と、前巻のEROさはモノすごいものがありましたが(注・少年誌掲載作品です)、 それもひと段落ついて、また違った…

続きを読む

代表作は『女』です ~中村光「聖☆おにいさん」6巻

   「幸せって、たぶんこんな感じ。」 帯の文句に泣きそうになりつつ、イエスの生誕日にこれを購入しました。この表紙また泣けるよコレ。 外はとっても寒いけど、ケーキ屋さんの中はあたたかな光で満ちていて。 幸せというものは、ケーキの形をしているのかもしれません。 天界のゆかいな仲間たちが最新刊でも新たに続々登場して、ブッダとイエスのバカンスはますますにぎやかなことに。 …

続きを読む

会いに行こう ~羽海野チカ「3月のライオン」5巻

 「不思議だ ひとは  こんなにも時が 過ぎた後で  全く 違う方向から  嵐のように 救われる事がある」 盛りだくさんすぎてアワアワしました。 ひとつずつ順番に、感想を。 ・桜の花の咲く頃 …島田さぁぁ~~~ん!!! といきなり大号泣をしてしまった… 人間将棋に参加するため、故郷の山形へと赴く島田八段(&零くんたち)。 島田八段を、「開」「開ちゃん」と大…

続きを読む