悪党ふたり ~オノ・ナツメ「ふたがしら」1巻

もう最高です。 手にとる前からそういう予感をむんむんに放っていて、読んだら案の定求めていたものが完璧に近い形で在ったという、この快楽。 これがあるかぎり、私は永久に物語を求めることをやめません。  赤目一味の頭目の死に立ち会った弁蔵と宗次。  頭目はふたりに「一味のこと、まかせた」と言い残し、息を引き取った。  ところが、跡目に据えられたのは頭目の弟分、甚三郎。…

続きを読む

まとめて感想:「バレてるよ!ジャンボリーヌ」2巻

・かんばまゆこ「バレてるよ!ジャンボリーヌ」2巻 2巻で完結です。う…う~ん…!! なんか1巻から路線が変わってる気がした…! 1巻の「主人公の頭がでかい」という出オチから始まる一話完結のパターンがすごい好きだったんですけど、やっぱりそれを量産するのは大変だったのかなァ。 というわけでトーナメント方式になってしまった2巻でした。ちょっと残念… ウエディングドレス姿でピー…

続きを読む

愛はスターダスト ~福島聡「星屑ニーナ」2巻

 「ヒトは何故眠るのですか?」  「夢のつづきをみるためよ」 やっぱりニーナと星屑がかわいい! ほんとかわいい! 裏表紙のルイ君もかわいいです。タイムスキップコメディー2巻め! 死なないロボット・星屑を中心に、時間がどんどん流れ流れてゆくこのお話。 死んじゃったあともニーナの存在は、星屑や星屑に関わった人々の中でいっそう輝いていますね。 起きぬけに、助走つけて…

続きを読む

もう迷わない ~森田まさのり「べしゃり暮らし」13巻

 「だからこそ申し訳なくて……  悔しくて……切なくて……  でも半分以上は感謝で……  そういう別れもあるんだよ」 圭右と辻本と子安、トリオとしての「べしゃり暮らし」最後の舞台… ネタをやりながらいつのまにか泣いていた三人は、その瞬間きっと全員が同じ気持ちでいたんだろうな。 ニップレスの二人の絆も深まり、るのあーるの二人にもお笑いをやる理由があり… コンビの数…

続きを読む

お待ちかねの榎木津礼二郎 ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「百器徒然袋 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」「百器徒然袋 瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」

記事タイトルが長くってどうもすみません… 「鳴釜」のほうはずっと前に出てたんですけど、うっかり買いそびれているうちに続編の「瓶長」も出ちゃいました。 百鬼夜行シリーズでもおなじみ、探偵榎木津礼二郎が主人公の中編小説がコミック化です♪ しっかし、志水先生の仕事量はとんでもなくないですか!! 「狂骨の夢」と同時進行で描いてらっしゃるわけでしょう。ううん頭が下がる… …

続きを読む