途中の私達 ~鈴菌カリオ「花と星」1巻

ガールズラブ系レーベルの漫画を買うのって初めてです。  高校の入学式で花井さんは、宿敵・星野さんと再会します。  彼女は、花井さんが小学校から一生懸命続けてきた卓球をやめる原因になったワケアリな相手でした。  しかも入学早々、同じクラスの隣同士の席になってしまい……?  果たして、花井さんは楽しい高校生活を送る事ができるのでしょうか。   (裏表紙より) 鈴菌カリ…

続きを読む

孤独な星は夜空に出会う ~高屋奈月「星は歌う」全11巻

やっと読めましたよ。 最初は単行本が出る都度読んでいたんだけど、3巻あたりでああ…ダメ…となってしまって。 これは最後までまとめて読まなきゃダメだと思って、完結するまで封印していました。 で、今から買いそろえるのはちょっと大変なのでてっとり早く漫画喫茶で読むことにしたんだけど、いつも行ってる「3時間パック」ではとても11冊も読み切れないだろう… でも途中で中断することは絶…

続きを読む

遠い過去と遠い未来 ~原作・ほったゆみ/漫画・小畑健「ヒカルの碁」全23巻

いまごろになって読破。 面白かった~!  さすがストーリーキング受賞者の原作、話の引っぱり方がすっごくうまくて、一冊読んだら次の巻、それを読んだらその次の巻、と止まりませんでした。 そりゃー囲碁ブームも到来するよね。でも囲碁のことがわからないままでも十分に楽しめました。 つくづく、すでに完結した状態で、さらに全巻一気に借りて読めてよかった。 連載をおっかけてたり、ちょっ…

続きを読む

もう一度出会えた ~作 ジョアン・スファール/訳 池澤夏樹/原作 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「星の王子さま バンド・デシネ版」

 「きみがおれを飼い慣らしたら素晴らしいよ!  小麦は金色だから、おれは小麦を見るときみを思い出すようになる。  小麦畑を渡る風を聞くのが好きになる。」 原作者サン=テグジュペリの遺族が認めた、世界で初めての公式コミックだそうです。 BD(バンド・デシネ)というのは、フランスでいうコミックのこと。 そういうものがあることは知ってはいたけれど、ちゃんと読んだのはこれが…

続きを読む

世界で一番 ~杉本亜未「ファンタジウム」7巻

 どうして 昔から人は  光や あたたかいものにふれようとするのか  ずっと考えていたよ ――素晴らしい。 2巻の感想で、まだ完結してないけどこれは名作になると思う、って書いたのだけれど、 その思いがますます募っていきます。 テレビ生放送のマジシャン対決をエスケープして、ホスピタルクラウンとして病院の子どもたちにマジックを披露したあと、 両親をステージに呼ん…

続きを読む