ピンチをチャンスに ~寺嶋裕二「ダイヤのA」26巻

 「一歩‥‥いや 半歩でも前へ‥‥  俺はまだまだ 足りないものだらけじゃねぇか――‥」 おおー、珍しく赤一色の背景! 不調のまま、一人別メニューを黙々とこなす沢村。 自分には力がない、自分は弱い、という現実から逃げず受け入れることで、俯いていた顔がだんだんと上を向いていく。 そんな沢村の前に…現れたのがクリス先輩! クリス先輩が好きなので、クリス先輩が出てく…

続きを読む

小さきことは洩らすも大事 ~オノ・ナツメ「つらつらわらじ」2巻

 「人は寄せつけてはおりません  ただ 椿の花を一輪」 むうう~、めちゃめちゃ面白いぞこれ。 本屋で雑誌立ち読みしたり、単行本でもパラッと流し読みしたぐらいではそこまで面白そうに見えないんだけど(当社比)、 じっくり読んでみるとこれはまことに面白いです。ほんと唸ってしまう。 腰を落ち着けてゆっくり読まれることをオススメします。 椿の本陣にて秘される殿ご落胤騒動…

続きを読む

走るために生きとる馬や ~つの丸「たいようのマキバオー」15巻

何がどうしてこうなったの…という表紙ですね(笑) 溺れ泳ぎまた出た! 普通に泳ぐと沈んじゃうのか! 文太が相変わらず可愛らしく、そしてフィールの魅力も引き続き爆発な15巻です。 ほんとにフィールのこの憎めなさは何なのでしょうね? もう見るからに「お坊ちゃん」て感じなのに… かといってハングリー精神がないわけではなく、挫折を知らないわけでもなく。 そういう熱い心が外に出…

続きを読む

Road to... ~寺嶋裕二「ダイヤのA」25巻

 「駄目だ‥ 降りるな  マウンドから降りるな――‥」  「ここで降りたら‥  俺は―――‥」 新チームになった青道野球部、因縁深い薬師高校との練習試合ですが、 結果は完敗…。 7回からマウンドに上がるも、地区予選で致命的なデッドボールを出してしまったことで、無意識のうちにインコースへ投げることができなくなった沢村…。 イップス(精神的な要因から思い通りのプレーがで…

続きを読む

別れはうたかた ~唐々煙「曇天に笑う」1巻

唐々煙さんのことを私は、勝手に「煙さん」と呼んだりしてたんですが、 「唐々煙」が一個のお名前で、姓とか名とかないんですってね…! でもなんとなく語感が好きなので、これからも「煙さん」と呼ばせていただければと思います。勝手にですけど。 そんな煙さんの新作! 表題作は「曇天に笑う」なのですが、1巻に収録されているのは1話だけなので、 その前身である同時収録作品「泡沫…

続きを読む