まとめて感想:「月光条例」18巻・「獣の奏者」6巻

・藤田和日郎「月光条例」18巻  「愚かですね… …デクノボーです…  でもね、私は彼になりたい。」 高勢露の正体…! とか、え…工藤サン…? とか、またも謎が謎をよぶ展開。 でも、月光が木の下に捨てられていた経緯はわかりましたね。 センセイの退場が詩的でしずかでとてもうつくしく、悲しいのにどこか心が満たされる思いがしました。 ランプの中でセンセイに再会し、「もう…

続きを読む

仲間なら呼び捨てでしょ ~西森博之「鋼鉄の華っ柱」6巻

わっ、わわ~っ、子ども時代の3人がかわいい~! 特に夏野~、夏野がオバカかわいい~! 噂の蘭子お嬢様も本格登場の6巻です。 真道のオフィスに突如現れたクラシカルな美少女は、真道のかつての婚約者、遠霧蘭子その人であった! 珍しく動揺してる真道が新鮮だなあ。朝涼ちゃんも一目置いてる蘭子とは一体どんなお人なんでしょう? ルー子が砂になるのも込みで楽しかった(笑)がんばれ、ルー…

続きを読む

月光と露 ~藤田和日郎「月光条例」17巻

 「自分の「物差し」で計って、良いと信じたら…それが最高なのです…」 またもや頭が混乱してきたので、整理、整理…。 月光の正体は「青い鳥」の主人公チルチルであり、チルチルが一体どうやって今の岩崎月光になったのか、というのがこの巻から語られる昔語り。 だからここに登場しているのは月光じゃなくて、読み手(ニンゲン)の世界に飛ばされたチルチル=サンキチという青年。 打出…

続きを読む

ぶわっとなる ~カラスヤサトシ「結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!」

うおお、うおおう…(←泣き声) うわあ~ん…なんか涙が止まらない。おめでとう、本当におめでとうカラスヤさん。 ご祝儀の代わりと思って買いましたよ! 最初のほうはいつもの体当たり企画まんがで、お見合いをしたり催眠術を受けたり、伊藤潤二先生と(なぜか)恋愛をテーマに対談したり、(なぜか)担当編集K城嬢が主役の合コンを主催したりと、 本人は必死だけど見てる分には楽しげないつ…

続きを読む

まとめて感想:「狂骨の夢」3巻・「月光条例」16巻・「鋼鉄の華っ柱」5巻

・原作・京極夏彦/作画・志水アキ「狂骨の夢」3巻 毎度のことだけどほんとにすごい絵だなあ。 牧師さんの神経がだいぶ参っていそうな表情だとか、朱美の凄艶な微笑みだとか、髑髏を含む骨の存在感だとか、志水さんでないと表現し得なかったのではないだろうか。 いさま屋さんのパートが一番なごみます。いや展開はけっこう殺伐としてるんだけど、彼の人柄がそれを中和してくれているというか。 そ…

続きを読む