光の中のリラン ~原作・上橋菜穂子/漫画・武本糸会「獣の奏者」4巻

すごいよ…とにかく。 泣きながら読んでました。 何だろう、この涙は何に由来するものなのかと考えたとき、 生命(いのち)そのものに対する感動だったのではないかという思いに行きつきます。 こちらを向いて何かを訴えかけ、ロン、ロンと鳴く幼い王獣リランの姿が、ああ…もう… やっぱり感動としか言いようがないものが、絵から迫ってくる。 武本さんは、絵で感情のすべてを表現しよう…

続きを読む

楽しそうな人 ~椎名軽穂「君に届け」13巻

「なに このごほうび展開!!」にウケた(笑)13巻です。 名前呼ばれて死亡してる風早もよかった。 今度は爽子が風早家にお呼ばれの巻! 部屋がんばって掃除したんだろうなあ風早(笑)テーブルの角度とかちゃんと合わせて。 風早ママは予想通りだったけど、風早パパは予想外なような、やっぱり予想通りなような(笑) マルチネスがいないと聞いて「チッ」と舌打ちしたパパを見て、「動物愛!…

続きを読む

たくさんをありがとう ~唐々煙「カウントダウン7days」4巻

「PTA」という略称に笑ってしまった(笑)しかし教頭先生カッコイイです。 涙と笑顔とまた涙、そして驚愕(?)の、完結巻。 メスラムの門はふたたび閉められ、花介とともに無事シェオールへ戻ってきた三田村を待っていたのは、 初めて心を許し、離れたくないと願った清水つるとの別れでした。 誰にも何にも自分にさえも関心を持たなかった三田村が、 他者への執着を覚えたのも、他人の幸…

続きを読む

日々が人を作る ~たし「かきかけとけしいん」

  ろくの声をかすれさせる   だから   オレはまだ子供なんだね 日参させていただいている、まるあさんのブログ「まる庵草紙」で紹介されていて気になった漫画です。 (豊富な話題が楽しいステキなブログですので、ご存知でない方はぜひご訪問を^^) その節はよい漫画との出会いをありがとうございましたー! でもそのあとすぐ買いに走ったら、どこ行っても全然置いてないでやんの…

続きを読む