映画「インストール」をTVで観た。

テレビでやってたので観た。
綿矢りさのデビュー作が原作で、女子高生と男子小学生が二人でエロチャットのバイトをやる話である。

中村七之助が高校生の役をしてて、しかもハマってた。
あーこりゃ教師とつきあってそうだわ!という感じ。

上戸彩は特別好きでも嫌いでもないけど、遊女の格好(着物)がかわいかった。
悪ノリしていく無軌道な感じ(寝起きドッキリやったりとか)がよかったと思う。
ス○トロ趣味の男をわざわざ想像しなくても!ってとこが面白かった。


今より幼い神木隆之介くんがかわいい。
この子の顔は、強い個性がないぶん、万人の好みにフィットするのではないだろうか。
すました小学生の演技より、年相応にキャッキャはしゃいでるときの方が魅力的。
あと、上戸彩のおっぱい触れてよかったね☆

原作では多分、触るシーンはなかった…と、思うのだが(昔のことなのでうろ覚え)、自然な流れだと思った。
普通に考えて、やっぱりそうなるだろうな…と。
これが性別逆だと、一気に犯罪のにおいがしてくるが…なぜでしょう。


個人的には、映画館まで行くほどではないかな…
テレビでいいやという感じだった。
でも、一気に観てしまうくらいには面白かった。

"映画「インストール」をTVで観た。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: