プロのお仕事 ~原作/乙一・脚本/坂東賢治・ノベライズ/相田冬二「KIDS」

0219

映画のほうは観ておりませんし、今のところ観に行く予定もありません。
だって観に行ったら、「で、お前はどっちが目当てなの。玉木か、徹平か、それとも両方か」という声がどこからか聴こえてきそうで(たぶん自分の内なる声だ)なんかそれに耐えられない…。
ああ両方さ! なにこの最強タッグ。最強じゃん。
だから逆に、絶対観てやるものかとか思ってしまう。どういう思考回路なのか不明ですが。


なのにノベライズのほうは買った。何故かというと「キサラギ」のノベライズを手掛けた相田冬二さんの著作だからです。
※ちなみに「キサラギ」小説版の感想はこちら


内容についてはさて措くとして(映画観てないからね。)、今回もやはり相田さんにしか書けない小説になっていると思います。
アボカドバーガーを食べる玉木宏が百獣の王ライオンのたてがみを体感しているなんてこと、シナリオには絶対に書いてなかったに違いない! …いや知らないけど!
キサラギのときと同じような感想になるけど、この物語をいったん自分の中に取り込んで咀嚼して、自身の言葉で新しく語り直しているような印象を受ける。


映画のノベライズってたぶん、セリフをおこしてト書きを地の文に書き直すだけでも一応の体裁はつく。
実際そんな感じのノベライズ小説を読んだこともあるけど、それだとあくまでその映画を観た人しか楽しめないんじゃないかと思う。映画の付属品、グッズ的な感覚で。
小説を映画化や漫画化する場合は、視覚という新しい要素が入るから違いがわかりやすいけど、映画や漫画を小説化する場合、ただ原作を文章に変換するだけではとってもつまらないと思うのです。
同じならわざわざ読む必要ないもん。
となると、どれだけ書き手の人のオリジナリティを出せるかというのが重要になってきます。


そういう点で、相田さんの書かれるものにすごく好感を持ちます。
すでに一度作り上げられている作品をどう料理するか、どう味付けするか。
映画の付属品ではなく、「小説」として単体で面白い作品にするため、どう工夫するか。
そういう意思、つまりはプロ意識と呼べばいいんだろうか? それを感じてうれしくなる。
そして、他人の作品を料理しながら、実はこれ自分のことを書いちゃってるんじゃないのかな? と思う部分も多々あってちょっとニコニコしてしまう。


あれ、ほんとにキサラギのときの感想と同じようなこと書いてる…。
ボギャブラリーが貧弱なんだな私…。


ここまで偉そうなこと書いといてアレですが、なにしろ映画を観てないので! トンチンカンなことを言っちゃってたら本当にすいません。
映画のほうは…う~んやっぱり…観、ないかなぁ…
地上波で放送したら観ようかなぁ…
相田さんの文章が読みたかっただけなんです。ほんとすいません、こんなんで。

"プロのお仕事 ~原作/乙一・脚本/坂東賢治・ノベライズ/相田冬二「KIDS」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: