やっぱ俺って優しくねーの? ~西森博之「お茶にごす。」7巻



この巻で特に出番が多いわけでもないのに、山田が表紙を飾っています。
それなら6巻を山田の表紙にしたほうが合っていたのになー。
顔の下半分を隠して上半分だけ見たら、女の子にしか見えないので笑える(笑えるのかよ)。どんだけ美形なんだと。


夏祭りでのまークンはかっこよかったですなー!
6巻までで、あれだけ部長さんの浴衣姿を熱望させておいて、
その念願の浴衣姿を見てもなお奥沼さんとの約束を優先させたまークン、というエピソードの流れは、西森先生さすがだなあと思いました。
まークンの心情を描いてないのに、きちんと読者には伝わっていて、
さらに奥沼さん視点で描くことで彼女の恋心(にも満たないようなほのかな心境の変化)もが伝わるという。
うーお見事です。


でも、チンピラを倒したあとすぐに走り出したのは部長さんを見失わないためだったんだろうなあ。
結果的にそれが余計かっこよかったなあ(笑)


「フフフ。
心無い人が悩んだりするでしょうか?」


という部長さんの言葉が示すとおり、「俺は心がない人間なのか?」って落ち込んでる時点でまークンはいいやつだと思うんだけど。
まークンに限らず、西森漫画に登場するキャラクターって、しょっちゅう思い悩むんだよな。それはもうウジウジと。
一途というか、一直線というか、思い込んだら他が見えなくなっちゃう人が多いね。
でもふとしたきっかけですぐに立ち直るのも早い。ほんと、チャーミングな人たちだよ。
「お茶にごす。」なら、まークンと夏帆ちゃんが筆頭ですな(笑)


その夏帆ちゃんも、よくあるツンデレキャラと見せかけて、「やっさしいのねェ~~」という智花ちゃんのひやかしに「でしょ!!」と素直に答えるところが新しい!(笑)
夏帆ちゃんの「バカじゃないの?」「俺は好きだなー。」と思えてしまうとは、やっぱりヤーマダはMなんではないだろうか(笑)気の強い女の子が好きなのね。
でも確かに、夏帆ちゃんの狂犬顔は私も好きだー。


まークンの、「夏帆チャン」→「夏帆」呼びへの移行がスムーズだったので笑った。
こう…なんというか…どうなの? まークンと夏帆って、どうなの!?


若菜さんがカッコイイ。あんな男ばっかり一触即発の場面に乗りこんでいくって、並みの度胸じゃできないと思うよ。
ブルーも筋通すところが偉いと思ったけど、若菜さんもきちんと筋通しててめちゃめちゃ男前。ファンになりました。
脇役っぽい見た目(失礼)だったけど、再登場するのかなあ。


ランドセル背負った小学校時代の部長さん、かわいかった…ハアハア。



6巻の感想はこちら

"やっぱ俺って優しくねーの? ~西森博之「お茶にごす。」7巻"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: