おお振り感想(アフタヌーン2009年6月号)その1



表紙が弐瓶勉だー。違う雑誌みたい。
前に比べると全体的に絵柄が見やすくなってる? でも、作風は相変わらずですね。


前の記事にも書きましたが、6月下旬におお振りコミックス12巻発売決定のようです!
広告も出てたので間違いないみたい。きゃっほう!


☆ネタバレご注意☆・オータかわいい
まだまだ始まったばかりの、武蔵野対ARC戦。
ARCの先発は1年生投手の太田川。
榛名のピッチングを見て発奮する太田川に、正捕手にして主将の吉田が声をかける。

「あいつらァ日頃っから榛名の球打ってんだ
オメーの球速は最高138キロだな
じゃあ速い球で抑えられるわけはねェよな
リキんでオレのリードムダにすんじゃねーぞ」


おお、ヨシがちゃんと捕手の仕事してる!
投手が気持ち良く投げられるように、この場合のオータにとって一番いい言葉をかけたんだろうなあ。
恐怖で抑えつけてるだけじゃないんだね。後のほうで阿部も言ってたけど、このキャプテンはほんと頼もしいなあ。


それにしても、返事が何故か「あいっ」なオータのかわいいことよ!
アヒル口、三橋と似てるようでいてちょっとバリエーションがちがう(笑)


・三橋と阿部
応援席にて、試合を観戦中の西浦。
三橋と阿部は、モモカンの命により話し合いながらの観戦です。
武蔵野のキャッチャーが町田から秋丸に変わったことが気になる三橋。
「しっ しっ しっ ごっ ごごっ」って三橋、何を言おうとしたんだろう?
キョドる三橋にハテナマークを出しつつ、武蔵野の攻撃回について解説をしはじめる阿部。

「それよか次の大河な
篠岡に今までの新聞の切り抜き見してもらったら結構打ってんぞ
榛名がどんだけバッピしてっかわかんねーけど
速い球にはぜってー耐性あんだよ
太田川は速球派じゃねーからな さあどう抑えるか」


楽しそうに語る阿部。
「バッピ」ってのはバッティングピッチャーのことでいいんでしょうか(無知)
そしてさりげなく「あいつスゲーマメだよな」って言ってるのよ阿部が。
千代ちゃんを「あいつ」呼びとか! おまえー!(笑)
こんな小さいとこに反応する自分もどうかと思いますが(笑)


いいなー、私も阿部の実況聴きながら観戦したいなー。めっちゃわかりやすいもん。
「つ つ 次はカーブ じゃない球 来る?」と訊く三橋がかわいい! 次のコマで「せいかいっ」と喜んでるのも。


・キャッチャー大好き
大河の打席は、カウント2-1の後全力投球のストライクでバッターアウト。

「お 太田川君 より
吉田さん 対 大河さん だね」


バッター対ピッチャーではなく、バッター対キャッチャーの打席だった、と言う三橋に、「このバッテリーだとそうなるな」と答える阿部。
ARCにはベンチ入り投手が4人いるが、そのすべてと吉田はバッテリーを組んでおり、相手によってリードを変えているとのこと。

「つっても吉田はちょっとスゲーよ
エースの清田と2人目の前山相手の時は
お前の球信じてンぞってのが見えんのよ
2人とも3年で本格派だし 同格扱いっつーかな
2年の高林は お前はやれっから自信持って投げろってーかんじな
そんでこの太田川は いーからだまってオレの言う通りに投げやがれ! ってとこだな!」


「へえええっ」と感心する三橋。ほんとによく見てるわ阿部!

「あ 阿部君 は キャッチャー 好きなんだね!」
「はあ!? ったりめーだろ! キャッチャーが一番かっこいーよ!」


「かっこいー」ときたか! うわーこんなに邪気のない笑みの阿部は貴重だぞ! いいもん見れたぞ!
前にも、「キャッチャーが一番おもしれェよ!」なんて言ってたこともあったけど、そうかー、かっこいいと思ってるんだなー。
きっと幼い頃、テレビ中継や近所の野球試合で活躍するキャッチャーを見て「かっこいい! オレもやりたい!」って思ったんだろうな…。
阿部のことがよりいっそう愛しくなってきた。ほんといいもん見れました、今月号。


・ギシギシ荘雨の日将棋トーナメント

(そうかっ オレはピッチャースキ だし
阿部君はキャッチャースキ なんだなっ)


阿部のキャッチャーにかける思いを知り、それだと自分が配球を一緒に考えたりするのはかえって目ざわりなんじゃないだろうかと心配になる三橋。
それに関連して、ギシギシ荘時代の記憶が呼び起こされます。


か…かわっ…!!!
5歳のミハシと、6歳のハマちゃんと、同じく6歳の「しょーちゃん」、それからちっちゃな女の子(?)、ギシギシ荘のなかまたち!
真剣に将棋を指すハマちゃんとしょーちゃんの間であれこれと口を出し、「ミハシうるっせい!」と二人にどなられてしまうミハシ!(笑)
コーフン気味のちびミハシが呼吸困難になるほどかわいいです。はああ…
しかし5、6歳で将棋をたしなむとは渋いですな~。私なんていまだにルール知らないです。


(ジャマ なら 阿部君 はそう言う
投手は 阿部君の相談相手になる役 だ!)


一瞬心配になるものの、すぐに打ち消す三橋。そうそう、バッテリーなんだから話さなきゃね。


・シオとオータ
1回が終わり、順調な滑り出しのオータ。
ベンチへ戻るオータに、ショートを守っていた塩入が声をかける。

「吉田先輩のリードわったあずましいはんでな なもかもまぐいぐべな」

シオはどこ出身なんだろう~、方言に疎くてまったくわかりません。
オータにはちゃんと通じてるみたいですが。同じ一年だからタメ語で話す機会が多くて、解読できるんかな。
仲良さそうでほほえましいです。和さんが乗り移ります(←「なごむっつの」)
ハタで聴いて(わっかんねェよ~~~)と思っている先輩達にもなごんだ。


・2回表
ふたたび、ARCの攻撃。
8番センター坂巻は三振、続いて打席に立つのは9番ピッチャー太田川。
榛名の初球は真ん中にストレート。
「シビビッ」「シビビビッ」と揃ってしびれてる三橋とオータかわいいな~。
オータはほんとにかわいいな…。野球が好きで好きでたまんないんだなってところがいいです。
この打席は残念ながらピッチャー前に打ち取られてアウト。

(速い球1つと遅い球1つ いいけどさ
それをノーサインで捕れるもんか?)


榛名・秋丸のバッテリーはノーサインなのかと疑う阿部。
考えに気をとられるようになって黙りがちになる阿部とは反対に、(しゃべらないと)と、すすんで阿部に話しかける三橋。

「0-3に なった!
前打たれたの 内角 高目 手ェ出してくれたら いいボール?」
「それ覚えてて なんで毎度対戦校のデータが入んねんだこの頭は!?」


1打席目の配球をしっかり覚えている三橋に、阿部のウメボシ入ります。隣で泉が「はじまった」って言ってるのがツボ(笑)
しかし、自分の試合なら三橋もきちんと覚えてることに気づき、(今度から集計前のスコア見してみっか)と内心で思う阿部。
なるほど、データという形に整理されてると覚えられないけど、より生の試合の状態に近い形で見たほうが三橋には飲み込みやすいってことか。


続くバッター・1番レフト北川もフライを打ち上げてしまい、危なげなくスリーアウトをとる榛名。会場も沸き、黄色い声も飛びかいます。
「な バッテリー間 サイン交換してっか?」と、泉が横の阿部に尋ねる。

「普通のやり方はしてねーけど どっかでサインは出てると思うよ
140ごえの荒れ球と135あたりのスライダーと どっちくるかわかんねーで捕ンのきっついし
あえてノーサインでやる意味がわかんねェもん」


そう答える阿部、しかし…。




ってところで、その2に続きます。

"おお振り感想(アフタヌーン2009年6月号)その1"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: