アニメ「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」4話感想

第4話 「野球シンドイ」
脚本 爽田夏央 /  絵コンテ 大野和寿 /  演出 大野和寿 /  作画監督 中野彰子




タイさああああん
ああ…もう…ああ…




引き続きの試合描写、ほんとすごいです…
走る! とぶ! 打つ守る! とにかく動く動く!
私は全然野球シロウトだけど、経験者の人も納得できる仕上がりなんじゃないかなあ。
声かけのタイミングとかすごくリアルな感じで。そこはスピーディー展開の良い部分だと思います。



試合中はいつにもましてみんな早口になるんだけど、福山さん(泉)の早口は格好いいな~! と毎回思いながら観ています(笑)



イライラ→爆発するイッチャンが超いい!
アニメのイッチャン、原作に劣らずほんとかわいいなあ。声もいいなあ。
感情が高ぶって涙ぐんじゃうところできゅんときた。
イッチャンを気遣ったり、好プレーしたり、地味にいい仕事する沢も好きだよ。ナイスサワー!



タイさんのモノローグから、「バッチコーイ」までは泣けた…。
背中の6番が頼もしいよね。ああタイさーん。
タイさんの声も、ヘラヘラしたところと真剣なところがうまくバランスとれててすごく良いと思います。
「ゲッツーゲッツー!」とか、ホントに力抜けたもん(笑)
あと、「ケガか!?」のときの、キラーン!っていう眼差しがスキ(笑)



大地のファースト送球とか、タイさん視点の一塁スライディングとか、ものすごいよ…!



「オレが 頼りねーからか?」
花井の一連のモノローグはさいこうでした
選手のプライドと主将の責任との間で、必死に自分を鼓舞してる花井の心情描写がたまらない。
「ナイバッチー」のときに主将マークがばっちり見えてるのはきっとわざとの演出だよねー!



そんな花井と対比させるかのように、今日も田島がカッコイイぜちくしょう。
泉のヒットから田島のホームインまでの流れがス、ス、スゴイ!
凝視しすぎて息もつけませんでした。


阿部父現れた!
しかし三橋、チラ見にとどまる!(笑)
↑今回一番笑ったかも…
「ちょっと大地!」「タイさんの話が聞こえねーから!」も、予想通り笑えましたけど!(笑)
イッチャンのつつましさに比べると大地泣きすぎだよ(笑)イッチャンを見習いなよ…


栄口のドキドキリードがカットされてなくてよかった~。阿部の「はいノーツー」も。
杉のヒットも好きなシーンだったのでちゃんとあってよかった!
次回のサブタイトルは「野球したい」。今回の「野球シンドイ」と併せてイイなあ! 予告の映像もみんなカワイイ!
崎玉戦、いよいよ決着!(やっぱり展開速いな~)




前回の感想はこちら
アニメ「おおきく振りかぶって」(1期)の感想カテゴリはこちら
原作コミックス10巻の感想はこちら


 

"アニメ「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」4話感想"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: