おお振り感想(アフタヌーン2012年2月号)その2

その1はこちら




☆ネタバレご注意☆

 
 
 
 

・打ち上げと水谷


翌日、文化祭2日目。
野球部は他校で練習試合があるのでこの日は参加ナシ。午後4時に帰ってきて、普通に練習です。
「しのーかも普通だ」と田島。うんうん、いつものマネジな千代ちゃんだ(笑)



休憩中、ファイヤーストームや打ち上げの話が出るが、「打ち上げ行きてーのか」と訊かれ、
「別に行きたくないよ 酒飲むやつとかいそうだもん なんかあったら困る」と答える水谷。
おおっえらいな。でもそうだよね、高校野球はそういうの一発でアウトだもんね。
普段めちゃくちゃがんばってるのに、そんな理由で出場停止とかになっちゃったら浮かばれないもんなあ。



そして千代ちゃんも「自分はお酒飲んでなくても 飲んでる人の中にいたら言い訳難しいでしょ」と、打ち上げに行かないと言ってるのを聞いて、ひそかにグッとガッツポーズしてる水谷!
えっなんでそんなにドキッとしてるの?顔が赤くなってるの? 千代ちゃんが自分と同じ意見で嬉しかったのかな?
それともクラスの誰かに千代ちゃんを取られやしないかと危惧しているのかい? って邪推のしすぎかな。むふむふ。
こっそりなガッツポーズも泉にはバレバレですぜ~(笑)



・オレたちの目標


そこへ、モモカンが花井を呼びに来る。
文化祭に参加しないと皆がしゃべっていたのを聞いてか、「後夜祭も出ないの? ヤグラに火つくまでは見てったら?」と言い、
自分の頃の文化祭の思い出を楽しそうに話すモモカン。
それにぼんやり答える花井に対し、


「興味ない?」
「いやなんか 監督が学生だったの想像できないというか……」
「そう?」
「でも何年か前高校生で 野球部員だったんスよね」


モモカンにはモモカンの、今の花井たちのような青春時代があったんですよね。
ここで、気になっていたことを尋ねる花井。でも、核心を突くことはできない。


「それで 選手の人が ……… 一人 だけだったって聞きました
それでも今みたいに 甲子園 目指してたんですか」
「いや 目指してなかったよ」


そしてモモカンは語り出す。軟式だったから甲子園を目指していたわけではないこと、軟式野球部をする人間がどんどん減っていたこと、
硬式なら入ると言う新入生のために歴代の先輩と大ゲンカの末、硬式に登録し直したこと、けれど部員は一人も入らず、最後の公式戦に出られなかったこと。
シガポから聞いたことや栄口たちとアレコレ話したことを隠そうとして、「そーなんスか」をわざわざ「そうですか」と言い直す花井、よけい勘ぐられるぞ! 墓穴掘ってるぞ!(笑)
あ、あとそういえば花井母からの情報もちらっと聞いてたもんねー花井は。



(きっかけはたぶん そのこと だ
動機も その人かもしれない それでも)


「じゃあ監督も今 はじめて
甲子園優勝目指してんスか?」
「そういうこと」


(これは オレたちの目標だ!)



監督も自分たちも、違うものを見て、違うものを目指してるわけじゃない、
目指しているものは同じ。そこへ一緒に向かっていく。
モモカンの強い視線を受けて、改めて灯された花井の決意。
まっすぐでひたむきな、花井の横顔が眩しいです。



(田島も栄口もてきとー言ーやがって)とうれしそうな花井、笑いが込み上げるのを咳でごまかしたりしてますが、
背後からモモカンに「志賀先生に聞いた?」と訊かれて、一気に「ザッ」と水をかぶって真っ青になってます。
れ…「冷水を浴びせられたような」という比喩表現ですかねこれは(笑)
斬新です(笑)そして花井クオリティです(笑)



「気ィつかってくれてありがとう」と笑うモモカンの可愛いこと可愛いこと。花井の反応をイチイチ見てるところもかわいー。真っ青になってる花井ももちろんのことかわいー。
ここのページ、セリフをそっくり入れ替えたとしたら「年下彼氏と一枚上手な年上彼女」に見えるんですけど…! み、見えますよね…!? うおおおおー(興奮)



モモカンの勧めを受けて、ファイヤーストームだけ見ていくことにした部員たち。
「そのうち花井君からみんなに伝えておいて」というモモカンの言葉を受けて、「謎だった野球部員が亡くなっていたことは なかなか点かないファイヤーストームを見ながら みんなに報告されました」
それぞれの胸にそれぞれの思いがコトリと落ち、文化祭は終わりを告げる。
そして、次に始まるのは秋大です。



・いよいよスタート


やってきました秋季大会第1戦!
浦和市営球場に到着したのは、三橋たち西浦と、対戦相手の武蔵野第一!
バスから降りたところで三橋に気づき、軽く手をあげて挨拶する榛名。おおーさすがにもう三橋のこと覚えてるな。
「はっ あいさつ!!」と慌てておじぎをする三橋。
他の部員たちもそれぞれが、同じ思いをもって対戦校を見つめます。


(榛名さん いい人!
今日はいい勝負して オレ達が 勝つ!)


決意新たに顔を上げる三橋の表情が頼もしい。
いよいよプレイボール!!



…というわけで、次号はひっさしぶりの試合だ~!!
しかも相手が因縁(?)の武蔵野だもん、感情移入しまくったチーム同士の対決だもん、これで盛り上がらないワケがない!
楽しみに楽しみに、次号を待ちたいと思います。
今度の試合は何ヶ月ぐらい続くのかな☆



あと、ファイヤーストームのときに並んで立ってた水谷と千代ちゃんを見て、なんともいえない思いがわき上がってまいりましたことをここに記しておきます…
水谷は彼女ができたらその子のことをすっごくすっごく大事にすると思うなあ…
これは独り言ですよー(笑)



前回の感想はこちら→その1その2

 
ご活用ください→おおきく振りかぶって感想一覧表

"おお振り感想(アフタヌーン2012年2月号)その2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: