おお振り感想(アフタヌーン2012年4月号)その2

その1はこちら








☆ネタバレご注意☆










 

・田島VS榛名


2回の表…じゃない、裏ですよね(誤植?)
西浦の攻撃は、4番サード田島ー!
モモカンの期待も背負っていざバッターボックスへ。


(出たな 全国クラス な)
(そっす! こいつだけは気ィつけて下さい!)


次打者に田島をみとめた榛名は、サードを守る清水とアイコンタクト。
榛名、相手チームの情報なんかは後輩から聞いてるんですかね。ていうか榛名は相手の前情報とか気にせずに、本番だけ嗅覚使って本能的にやっつけてるイメージがあるんですが…
西浦を意識する気持ちは(同じ1年だから)清水たちのほうが強いってのもあるだろうし。



(ほんじゃ肩ならし)と投げた榛名の1球目は、外角高めのボール球。
(エンジンかかってきた!)とベンチのモモカン。
(足踏みこんだぞ 田島タイミング計ってる!)とネクストから田島の打席を見つめる花井。
見送った田島の心中は。


(スゲー伸び バッセンとは軌道が全然違う
それに 威圧感)


バットを構え、まっすぐ投手を見据える田島。その視線を受け止め、ジロッと睨みかえす榛名。


(何ウキウキしてんだよ 空振れ1年!)


榛名の2投目を、田島のバットがとらえ、センター前ヒット!
ナナナナイバッチー!! 西浦、初の出塁に成功!



うわわ~、「じっ」「ジロッ」とにらみあう田島と榛名…いいわ~~!!
両者一歩も退かない感じで!
モモカンも言ってるけど、ホント田島のメンタリティは見習いたいなあ。「威圧感」をおぼえつつ、それに負けることなく向かってゆくとか…
強い相手ほど燃える、少年漫画王道のヒーローだ。



・花井VS榛名(予定)


田島が出塁したところで武蔵野がタイムを取り、サードの清水が榛名の元へ駆けてくる。


「ダメッすよ1本調子じゃ! そう言いましたよね!」
「わ わりー」
「リトルのスコア見せたでしょ! あいつ打率半端じゃないんスから!!」


結構な剣幕で清水にダメ出しされる榛名(笑)
その清水が去っていった(捨てゼリフは「たのんますよ ったくーっ」)と思えば、今度はファーストの藤巻からもこの剣幕。


「榛名さん 次 花井スよ!」
「おおっ」
「花井はまず気合いで押しちゃって下さいね 何度も言いますけどこのチームは夏のベスト16まんまのメンツなんスから
夏の5回戦のつもりでやんないとダメなんスからね!!」
「わーた! オッケ! わーったよ!!」
(こいつら 3年いる間は猫かぶってたんだなァ)


むふふふ、なんか…いいじゃないか! 先輩だからってエンリョしなくていい空気があって。
たぶんみんな、榛名のスゴさは十分に認めてるんだろうけど、それに頼るだけじゃ勝てないってちゃんとわかってる感じ。
あと、こう…「秋丸さんがしっかりしてないから、オレらがちゃんとやんなきゃ!」みたいな…秋丸の存在もそういう意味では役に立ってるみたいな…そんな感じでしょうか…(笑)



というわけで5番ライト花井の打席。
やる気みなぎる表情でバッターボックスに立つ花井を、マウンドから見る榛名。


(これが”花井”ね
なるほど 気合で押せそうなカオしてら)


うっ…明らかに田島より格下扱い…
柱のアオリ文も、


「「気合で押せる」なんて悔しい評価、くつがえせ! さあ打て、オレらの主将!」


と、アツイことになっています。
そうだそうだ、くやしいじゃないの花井! 見せてやろうぜオレらの主将の力を!



そんでもって、ラストのコマの田島のモノローグがまた。


(花井 ちょっと待ってろよ
今オレが三塁まで行って お前に打点付けてやっから!)



た、田島様・・・!!



久しぶりに出た、私の中の「田島様」コール・・・!!(笑)
ホントにやってくれそうなところがまた田島!
マジで花井に打点付くのか、それとも榛名がやっぱり一枚上手なのか…
というところで以下次号!



は~、新チームになった武蔵野の実力はどんなものかと興味津々だったわけですが、
予想以上に頼りになる1年のようですね。榛名だけ警戒してりゃいいわけにはいかなくなってきたー。
おかげで秋丸の存在感が0でしたが(笑) まーそこはいいや(笑)
試合がどっちに転んでいくのか、ますます予測がつかなくなったぞ。



そしてそして、三橋の投球姿が全体的にカッコイイぞー!!
今までとは何かが違う…これも振りかぶり効果!?
フォームかっこいい→自信つく→自信ついてさらにフォームかっこいい…というプラスのスパイラルなんだったらうれしいかぎりです。
それと、迷いがないのかな。リーチの違いを気にしたり、「榛名さんかっこいい」って思ったりはしてるけど、それと引き換えに自分を卑下するそぶりが全くないのですよね。
そこが以前の三橋と一番違いを感じるところでした、個人的には。



来月も楽しみです。



前回の感想はこちら→その1その2

ご活用ください→おおきく振りかぶって感想一覧表

"おお振り感想(アフタヌーン2012年4月号)その2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: