おお振り感想(アフタヌーン2012年4月号)その1





みはしがかっこいいぞー!
今月号のおお振りです。



☆ネタバレご注意☆




 

ついにスタートした武蔵野戦。ふたたび三橋がマウンドに立ちます。
地面についた榛名の踏み込みの足跡がだいぶ遠くにあるからって、がんばってジリジリと足を伸ばしてみる三橋、かわええ…。
そして審判に「3球!」とコールされて我にかえって慌ててスパンッと足を戻すところもすごいかわいかった。
それを見て、(比べんなよ!)とかキャッチャーマスクをかぶりながら思ってる阿部。見抜かれとる(笑)
にしても、身長・体格が違うとリーチもこんなに差がついちゃうんだねえ。



さあ、打者は4番の榛名です。


(桐青がアレを打てなかったわけ?
強豪が遅い球にタイミング合わなくて打てないことがたまにあるけど それにしてもなァ……?)


三橋の投球練習を見てそう考える榛名。



なんか…
特に会話もない二人(阿部と榛名)とか、でも(楽しそうじゃねェの)(改めて見っと下半身かなりしっかりしてる)とお互いをよく見てたりとか、
構える榛名を見て(榛名 さん かっこいい)と三橋が思ってたりとか…
なんか知らんけど異様に盛り上がる!!
打者を気にするとか投手の球をよく見るとか選手がするのは当たり前、当たり前なんだけど、今までずーっとこの人たちの浅からぬ因縁を見てきてるからさー。
オールスター(じゃないけど)が一同に会してるよ今…!的な興奮があります。



(打撃に熱心なヤツじゃなかったけど 夏HR打ってっしセンスはあっからな)
(外野越されちゃいけない ゆるい球(カーブ)を 打たせる!)


1球目はカーブでストライク。ヒットも覚悟で打たせる気か、と読む榛名に、同じところへスライダーを入れに行く阿部と三橋。
(速い! 曲がるか!?)と反応しつつバットを振る榛名。打球はライトフライ間に落ちてヒット!


(遅いなりの速度差はあっけど 速い方が110ちょいじゃ反応できちゃうよな)
(シングルなら想定内)(9回まで 点取られないことが大事!)


軽々と出塁した榛名だけど、阿部と三橋にとってはまだ計算の内。
続く5番はファースト藤巻。
(実力は6番とどっこいか?)なんて阿部に思われるものの、1球目をうまくバントし、危なげなく榛名を二塁へと送る。
しかも自らもセーフで残塁!
(足あんのかよ 見かけで油断した!)と阿部。榛名の打席が終わって気が抜けたか?



ノーアウトのまま6番ライト八木の打席。
(まさかコイツも足あんじゃねーだろな)と警戒する阿部。モモカンの指示はバント。結果犠打で1死二・三塁。
ワンナウトで7番セカンド小池。モモカンの指示は敬遠満塁策。
おっ、武蔵野の監督がいっちょまえにサイン送ってます(笑)名実そろったな~。



次は8番レフト吉沢。
(3走投手でもスクイズあるぞ!)(グラブトスは方向注意…!)と一・三塁でそれぞれ気を引き締める沖と田島。


(内野ゴロでダブルプレー か 内野フライ か 三振だ!)


三橋かっこいー…! ハッキリした目線がかっこいー…!
1球目ストライク、2球目ボール。3球目のカーブは一塁側にファール。
(シュート を 外低目いっぱいに――)の4球目。(榛名さんの足ならセーフティで充分!)とスクイズの構えをする吉沢。
外に逃げる球を、それでも三塁側に転がす。田島が飛び出していたがホームは間に合わない、セカンドもムリ。
一塁に送球するもまたもやセーフ~!
ワンナウトのまま武蔵野、1点先取!



(……… は!?)
(い 1点……!)
(俊足でバントもうまい8番て…
この1年生たち もしかしてとってもツブぞろいなわけ!?)


阿部の「は!?」がなんだかスキでした(笑)
モモカンもベンチでヒヤヒヤするなか、続く打席の9番秋丸はセカンドゴロ、4-4-3のダブルプレイでスリーアウトチェンジ。



(大丈夫! もう 点 取られないで
うちが2点取ればいい!)


三橋は元気なまま、2回の表、西浦の攻撃へ。
打席に立つのは我らが4番! というところでその2に続きます。


 

"おお振り感想(アフタヌーン2012年4月号)その1"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: