COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

運命の女 ~つの丸「たいようのマキバオーW」1巻

2011/10/30 17:43
あれっ、「W」とか付いてる、しかも1巻表示! と、購入してから気が付きました。 掲載媒体がWEBに移行したから、リスタートという感じで仕切り直したんですかね? 普通に続刊だと思って買ってた…。 とはいえ、内容は「たいようのマキバオー」16巻からそのまま続いてます。 新ヒロインが登場。表紙の彼女ですが…その名もファムファタール! 「運命の女」という名を持つ彼女は、牝馬として65年ぶりに日本ダービーを制したというすごい戦歴を持つ馬なのですが、 それ..

続きを読む

静かなる熱狂 ~つの丸「たいようのマキバオー」16巻

2011/06/20 21:52
 「何も言うこたない  まっこと…最高じゃ」 表紙かっこいい。もう見慣れてるから何とも思わないんだけど、 こんなにちっちゃい文太を乗りこなすハヤトもすごいし、 こんなにちっちゃいのにハヤトをしっかり乗せて走れる文ちゃんもすごいよね。 栗東でフィールオーライとともに特訓を積んだヒノデマキバオー、ダートレースの最高峰である帝王賞に挑む! 説明とかついつい読み飛ばしちゃうので(←ダメじゃん…)、これがどういう規模のレースなのかいまいち把握しないまま読..

続きを読む

走るために生きとる馬や ~つの丸「たいようのマキバオー」15巻

2011/04/08 22:26
何がどうしてこうなったの…という表紙ですね(笑) 溺れ泳ぎまた出た! 普通に泳ぐと沈んじゃうのか! 文太が相変わらず可愛らしく、そしてフィールの魅力も引き続き爆発な15巻です。 ほんとにフィールのこの憎めなさは何なのでしょうね? もう見るからに「お坊ちゃん」て感じなのに… かといってハングリー精神がないわけではなく、挫折を知らないわけでもなく。 そういう熱い心が外に出てこないところが、フィールの魅力なのかなあ。うーん、ハマってしまった。 フィ..

続きを読む

風は吹いているか ~つの丸「たいようのマキバオー」14巻

2011/01/10 22:10
 「文太!! 忘れとりゃせんだろ  何を喰うた!? いつもの飼い葉と…何を喰うた 答えろ  おんしゃあバットの夢 喰うたでよ」 黒船賞、ハヤトの檄がものすごくアツかった…!! マキバオーの陰に隠れるわけにはいかない、まだ負けられない、というバットの思いを慮って、なかなか本気を出せない文太。 それでもやっぱり最後には、勝ちたい、もっと強いやつと走りたい、という気持ちが勝る。 そうやって、バットを負かしてもぎ取った黒船賞への出走権。 レース後半、..

続きを読む

負けられないにゃ ~つの丸「たいようのマキバオー」12巻

2010/05/20 20:51
吉田のおんちゃんの、どん底に落ちたあとの喜色満面の笑顔にやられました。 ほんとにこの人は…イライラくるのにどこか憎めない人だ… フィールオーライ骨折、引退のニュースを聞き、文太が失踪!? 数日後、無事帰ってきた文太は、覆面をつけた見知らぬ馬と一緒だった。 足にギプスをしたこの馬の正体は? …っていうか、どう見てもフィールオーライなんですけど、なんでみんな気づかないのか…。 吉田のおんちゃんなんて、後で知ったら蒼白になりそうな無礼なことを言ってる..

続きを読む

ヒノデだヒノデだ もう夜は明けた ~つの丸「たいようのマキバオー」1~11巻

2010/02/22 22:02
んにゃ~、やっと既刊をそろえたねゃ~! 地道に地道に、1冊ずつ買いそろえてきた「たいようのマキバオー」、ようやく新刊まで追い付きました~! ていうか、時間かかりすぎ…(笑)やっと感想を書けます。 「みどりのマキバオー」の続編であるこの作品は、ミドリマキバオーやカスケードたちの時代から10年後、高知競馬場を舞台にスタートします。 ミドリマキバオー=たれ蔵の甥っ仔、ヒノデマキバオー=文太が主人公。 とにかくもう…この文太がかわいくってしょうがないです。 ..

続きを読む

もっと見る