COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

悪党ふたり ~オノ・ナツメ「ふたがしら」1巻

2012/02/06 20:27
もう最高です。 手にとる前からそういう予感をむんむんに放っていて、読んだら案の定求めていたものが完璧に近い形で在ったという、この快楽。 これがあるかぎり、私は永久に物語を求めることをやめません。  赤目一味の頭目の死に立ち会った弁蔵と宗次。  頭目はふたりに「一味のこと、まかせた」と言い残し、息を引き取った。  ところが、跡目に据えられたのは頭目の弟分、甚三郎。  この采配に納得のいかぬふたりは、一味を離れて旅立つ決意をする。  そう、「..

続きを読む

まとめて感想:「ダイヤのA」28巻・「つらつらわらじ」3巻・「曇天に笑う」2巻

2011/11/13 21:31
感想を書きたい本がたまりにたまってきたので、何冊かまとめて記事をあげることにしました。 このブログはカテゴリを「タイトル五十音順・行ごと」に分けているため、同じ行のグループじゃないとまとめられないので、なんかヘンな組み合わせになってますが… というわけで今回は「た」行。 ・寺嶋裕二「ダイヤのA」28巻  「その決意が  屋根を打つ雨音にかき消されないように強く―――  強く――」 秋大本戦を迎えた青道。1回戦の相手は、常勝軍団と称される強豪・..

続きを読む

小さきことは洩らすも大事 ~オノ・ナツメ「つらつらわらじ」2巻

2011/04/14 21:15
 「人は寄せつけてはおりません  ただ 椿の花を一輪」 むうう~、めちゃめちゃ面白いぞこれ。 本屋で雑誌立ち読みしたり、単行本でもパラッと流し読みしたぐらいではそこまで面白そうに見えないんだけど(当社比)、 じっくり読んでみるとこれはまことに面白いです。ほんと唸ってしまう。 腰を落ち着けてゆっくり読まれることをオススメします。 椿の本陣にて秘される殿ご落胤騒動の真相、 行木長門の思惑と熊田和泉の対抗心、 山和木三郎左衛門の懸念、倉知九太..

続きを読む

よきご道中を ~オノ・ナツメ「つらつらわらじ」1巻

2010/10/08 23:01
「さらい屋五葉」が目出度く完結と相成りましたオノさんの新連載! サブタイトルには「備前熊田家参勤絵巻」と。 というわけで新作は「参勤交代」の物語です。 参勤交代といえば、遥か昔に歴史の授業で習いましたが、  ・大名行列  ・「下に~、下に~」と言う  ・お金をかけさせて、地方大名に力をつけないための幕府の方策だった ぐらいの知識しかありません(乏しすぎるだろ…)。これも合ってるのかどうか… このマンガで、「参勤ってこんなことをしてたんだ~」と学..

続きを読む

堂々 ~オノ・ナツメ「さらい屋五葉」第八集

2010/10/03 20:30
 「今のおめえにとっての弥一は  こいつなのかと思った。」 …刊行日順に、つらつらわらじの感想を先に書こうと思ってたんだけど、さらい屋の完結巻を読んだら居ても立ってもいられなくなって!!! 完結、しちゃったんだなあ、さらい屋。 まずは表紙の政です。なんか超恰好良いんですけど… 色気! 色気! 1巻の表紙↑と比べるとそれがよくわかる。 顔形は変わらないのに、もう別人のよう。 そっか、政、いつの間にか背筋を真っ直ぐ伸ばして歩くようになって..

続きを読む

あの楓のように ~オノ・ナツメ「さらい屋五葉」第七集

2010/03/03 22:05
 「…関わりはないが、  某は無粋ゆえ。」 旗本の跡取り息子だった「誠之進」が「霧中の誠」と呼ばれ、そして「弥一」と名乗るようになるまでのことがようやく詳らかになる七集。 イチさんが何を思って「弥一」と名乗るようになったか、に思いを馳せると、最後の涙がよりいっそう哀しく。 かつての白楽一味のなかで、そこだけ明かりの灯ったようだった紋次の純粋さもまた、哀しくて哀しくて仕方がない。 イチさんは、五葉はこの先どうなってしまうのだろう。 そして、政がす..

続きを読む

もっと見る