COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

感化はされない、でも看過できない ~佐藤友哉「青酸クリームソーダ <鏡家サーガ>入門編」

2009/04/12 22:15
自意識の袋小路、「読みたいやつだけ読め」というような喧嘩腰、ああ、佐藤友哉だ。 わかってくれない、わかりあえない、わかるはずもない、という前提で書かれた物語? 「わからない」ということを共有するための物語? 嘘だけど。(公彦に倣って、なんでもアリな表現を使ってみました) 普通の大学生、鏡公彦18歳。 ごくごく平均的な、何気なくコンビニエンスストアに 行こうと思って出かけただけの夜。 運悪く、最悪なことに目下殺人中の灰掛めじかに出会ってしまう。 それ..

続きを読む

悪いのは全部君 ~佐藤友哉「世界の終わりの終わり」

2007/12/07 21:39
気分がとても沈みました。 でも、やめられないんだよなー、佐藤友哉を読むの。 夢が叶って小説家になった主人公。 だが、著作は思うように売れず、出版社からもう本は出せないと言われ、脳内妹と戯れながら北海道で鬱々と過ごす主人公。 これは「1000の小説とバックベアード」以上に、「佐藤友哉=主人公」という意識で読むしかないような話だ。 私小説、という括りでいいのでしょう。自伝ではないのですべて事実というわけではないだろうけど。 小説家になったため、..

続きを読む

佐藤友哉「灰色のダイエットコカコーラ」を読んだ。

2007/06/29 22:01
背後に写ってるのは実家の天井です。仰向けに寝転がって撮りました(深い意味はない)。 灰色のダイエットコカコーラ…とっても不味そうだ…。 でも、内容とぴったりマッチしたタイトルだと思う。 中盤あたりは、「ファウスト」という雑誌に掲載されていたのを読んだので内容を知っていたけど、それでも、通して読むのは結構しんどかった。 主人公に共感できる人、読者の中でどれくらいいるんだろう? 何者かになりたいのに何者にもなれない、という根っこの部分の欝..

続きを読む

浮上する僕 ~佐藤友哉「1000の小説とバックベアード」

2007/05/13 22:18
何とか返却期限までに全部読めた! 佐藤友哉の新刊、一言で言うと…難解。 私の読解力が足りないだけかもしれないけど、よくわからない。 でも、だからって「もう読むのイヤ」とならないのはさすが。 このお話には、「片説家」という職業が登場する。 不特定多数の相手に向けて書かれる「小説」に対して、たった一人の依頼人のために書かれる物語を「片説」といい、それを書く者は「片説家」と呼ばれる。 主人公・木原が片説家をクビになったところから、物語は始まる。 ..

続きを読む

嗜好を思考 ~佐藤友哉「フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人」

2007/04/12 00:19
高校生から大学生の頃、私は講談社ノベルスに傾倒していた。 といっても西村京太郎や法月綸太郎や綾辻行人ではなく、舞城王太郎とかそういうメフィスト賞系のが好きだった。 他には氷川透や古処誠二などが好みで、清涼院流水と西尾維新はあんまりのめり込めなかったけどカッコよかったので読んではいた。 京極夏彦や篠田真由美もかなり読んだ。 浦賀和宏の安藤シリーズにすごい勢いでハマって、すごいペースで読んだときは、内容過多で気持ち悪くなって、しばらく(といっても数週間程度)活字が..

続きを読む

もっと見る