COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

視えなくてもいる ~天乃タカ「誰が為に鋼は鳴る」

2010/08/20 20:52
 「いつか 変わるのであれば  いいほうへ変わってゆけばよいのじゃ  そうじゃそうじゃ」 これも購入を少しためらっていました。 というのも、前作が個人的にう~ん…という感じだったので、これからもこういう路線で行かれるのなら、私には合わないかもしれない…と思っていたのでした。 でも、いざ現物を見たら装丁の素敵さにすっかり魅了されたし、すでに読んだ方々の評価も良いみたいなので、もう一度だけ試してみようと、購入に踏み切りました。 良かった! ..

続きを読む

いいえ これは反抗なんです ~天乃タカ「王子とやもり~執事革命~」1巻

2008/11/16 12:56
「本の元の穴の中」の天乃タカさんの新作なので買いました。 なんか…なんか…買うのちょっと恥ずかしかったんだけど… きっと帯のせい!「お前の衣・食・住全部オレが守ってやるよ(ハートマーク)」の(ハートマーク)のせいだ! ハートマークって…この台詞自体は確かに出てくるけど、ハートつけるとニュアンスがだいぶ違ってきやしないか… 「ヴィレ」と「メルト」という二つの民族が住む架空の国。 ヴィレは「重労働階級」としてメルトから見下される立場にあり、両者の関係は..

続きを読む

もう諦めない ~天乃タカ「本の元の穴の中」5巻

2008/05/17 21:20
そんなに長くは続かないだろうな…みたいなことを前に書いてたんだけど、ほんとに5巻で終わってしまった…。 長く引きのばすようなタイプの話ではないけど、もうちょっとの間ぐらい彼らの旅を見ていたかったなあ。 頭に角を持つ「鬼」のキイチは、「樹」となって世界を救うために犠牲にならねばならない。 そのため追われる身となった一行が向かった水の本処で、ハナもまた世界を支える「樹」の代わりになれるのだということが明らかになる。 その事実に動揺していたキイチは、そこで同..

続きを読む

手を差しのべて ~天乃タカ「本の元の穴の中」4巻

2007/12/12 22:05
明日バイト先で買ったら社割で安くなったのに… 1日ガマンすればいいのに…ガマンできなかった。 帯のところに子ども時代の元太郎さんがいたので、それを見ていたらどうしても今日のうちに持って帰りたくなって買いました。 こんなちまちました金額の差を気にせずにすむぐらいのお金持ちに、一度はなってみたいです。 いよいよ佳境に入ってきたもとあなも4巻め。 2巻で「う~ん…?」となったものの、3巻はやっぱり面白かったので、4巻の発売が楽しみでした。 まず、元太郎さ..

続きを読む

逃げるなんてしたくない ~天乃タカ「本の元の穴の中」3巻

2007/08/17 23:24
3巻。 表紙は新キャラのサメがメインです。 この人はオッドアイなんだろうか。それともこのカラーだけ? 裏表紙の折返し部分の、蝶々に囲まれた元太郎さんの絵が素敵。 相変わらず謎が多くてじれったいけど、でも確実に話は少しずつ前進していってる感じだ。 キイチは微妙に覚醒しかかってるし、ハナの身体も変化し始めてるし、元太郎さんもアワアワなっているし(笑)。 サメの頑なさはこの先変わっていくんだろうか。 キイチとサメは、そのうち友情みたいなものを育..

続きを読む

果てしないな ~天乃タカ「本の元の穴の中」2巻

2007/04/13 00:37
意外に早く2巻を読めてうれしいな。 とりあえず、キイチが世界の鍵を握る存在だということは明かされたが、まだよくわからんことの方が多い。 話が大きくなるんだなぁ。 私の読解力でこの先ついていけるだろうか。 モリが天守の若長だったり、元太郎さんが実はすごい人だったりした。 本処も単なる本の保管場所ではなく、きな臭いことをやってそうな雰囲気がぷんぷんする。 キイチがとてもいいお子なので、だからこそ余計に理不尽な目に絶対あいそうで、おいたわしい。 ..

続きを読む

もっと見る