COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

誰かの思い出が残る ~恩田陸「私の家では何も起こらない」

2010/03/12 23:03
 「デジャ・ビュって――笑わないでよ、デジャ・ビュって――実は、幽霊のことなんじゃないかって。」 「丘の上の幽霊屋敷」を舞台にした、連作ゴーストストーリー。 「なんだかいつのまにかぞっとさせられている」というような文章を書かれるのがとてもお上手な恩田さんなので、この題材はドンピシャだと思う! 没頭して読めました。 連作のなかでは「俺と彼らと彼女たち」が一番好きかな。 大工さんの親子が渋くてかっこいい。 「この世に幽霊屋敷じゃない屋敷なんてある..

続きを読む

来客を告げるベルが ~恩田陸「訪問者」

2009/09/01 22:15
『もうすぐ訪問者がやって来る。訪問者に気を付けろ』 待ってました。これを読みたかったの。恩田作品久々のヒットでした。 「木曜組曲」ファンとしてはうれしい、密室での会話を中心とした推理劇。 といっても、「木曜組曲」にあったような本筋に関係のない世間話というのはほとんど出てこないため、展開は非常にスピーディです。それが物足りなくもあるけど、飾り気がないのもまた魅力。 山奥の洋館、謎の死を遂げた女実業家と若い映画監督、その縁者である老獪な住人達。 次々..

続きを読む

さらさら ~恩田陸「ブラザー・サン シスター・ムーン」

2009/06/06 17:58
これで終わり? っていうのが読後の第一の感想でした。 なんというか、これから始まる物語のほんの序章という印象の話。 さらさらさらっと流れるように読めて、だからこそ心にひっかかるものもなく終わってしまったという感じ… 恩田陸の短編は、予告編のようだといつも思います。書かれなかった前後のことや裏のことを、読者に想像させてわくわくさせるのがお上手。 でも「ブラザー・サン シスター・ムーン」は長編。短編に比べて、書かれることはだんぜん多くなります(単純に量とし..

続きを読む

語っているのは誰か ~恩田陸「きのうの世界」

2009/02/12 21:08
恩田陸大好きなんだけど、ここ最近は「これぞ!」というヒット作品に当たってないのが残念です。 あまりにも好きなので、自分でも求めるレベルが上がり過ぎている感がある。 そんな思いもあって、期待を込めて読んだ「きのうの世界」。 魅力的な謎の提示、不穏さの演出、クライマックスに向けて飛躍していく展開など、恩田ファンが恩田作品に求めるものがたくさん含まれているので、それは純粋にうれしかったし、興奮した。 少なくとも私は、ラストに鳥肌が立ちました。 本筋..

続きを読む

恩田陸「不連続の世界」を読んだ

2009/01/05 22:45
お正月はこれを読んでいました。 久しぶりの恩田陸ですが、うーん…他の恩田作品に比べて、特別好みというわけではなかったです。 でも読み出すと一気に読んでしまえるんですよね。そこはもう、つくづく文体が性に合ってるんだろうなあ。 「月の裏側」に登場した塚崎多聞が主人公である中編5作をまとめた本です。 「月の裏側」もだいぶ前に読んでるんだけど、正直ほとんど覚えていません…。たぶんそれも、あんまり好みの話ではなかったんだろう。 なので、塚崎多聞についても先入観..

続きを読む

再読・恩田陸「木曜組曲」

2008/10/05 21:13
法事で実家へ帰るのに電車の中で読む本がちょうどなくて、「木曜組曲」を引っ張り出してきました。 何度も読んで内容もしっかり頭に入ってるからなのもあり、あっという間に読了。 やっぱりおーもしろーいなー。(あまりにも好きで、何がおもしろいのかよくわからない状態になってるんだけど) もう、なんか、血肉です。 ほうれん草のキッシュ、チーズケーキ、ポトフに三色アイス、パンケーキとフルーツの紅茶の朝ごはん、ミートソースのスパゲッティ(!)さえも、ここに出てくる食べ物..

続きを読む

もっと見る