COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

抱きしめたくなるほど ~原作・有川浩/漫画・弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」9巻

2012/05/13 22:14
 「いつ 何があるかわからないなら 今起こればいい  皆で喜びたいです」 今回もいいですなあ~、相変わらず! どこからどう読んでもトキメキます。大好き。 おとり捜査でミニスカを穿いた(しかも大外刈りやろうとした)郁を「何のサービスだ」とかって堂上教官が怒ってたけど、マジで何のサービスかってくらい短かったな郁のスカート! それはもう教官も気が気じゃなかったことでしょう。 仕事だったし犯人も捕まえられたから「よくやった」とねぎらったけど、本当に..

続きを読む

その先の答え ~原作・有川浩/漫画・弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」8巻

2011/09/12 22:08
 「読みたいのは今!  今残されている自由が一番大事です」 何この表紙…むはっ…と鼻血を噴きながら購入した8巻です(笑) ついに郁が王子様の正体を知ってしまったのでにやにや。 やっとここまできたかとにやにや。 いつの間にか王子様以上に堂上教官の存在がずっとずっと大きくなっていた、郁の揺れ動く心の葛藤がていねいに描いてあってとてもよかったです。 小牧教官の(他人のことならいくらでも・笑)大人な対応もさすがだなーと。めちゃくちゃ的確な助言でした..

続きを読む

ぶっとびふたたび ~有川浩「海の底」

2011/08/23 22:40
これも面白かったーっ! こないだ読んだ「空の中」は未知との遭遇…というか、ジュブナイルSF的なにおいがまだあったのですが、 この「海の底」はそれ以上に、硬派なパニック小説っぽい感じですね。 何しろ、体長一メートル~三メートルの巨大ザリガニの大群が、人を食いに海から上陸してくるのだから! 「空の中」に出てくる【白鯨】はまだ人間と意思疎通が可能でしたが、 こっちの【レガリス】は言葉は通じないうえに、人間を餌と見なして襲いかかってくるわけだから、その恐..

続きを読む

参っちゃうなあ ~有川浩「空の中」

2011/08/18 19:31
とても個人的な話になりますが、有川浩さんの小説は私にとって、「見ていてものすごく惹かれるけど、どうしても話の合わない知人」のような存在です。 むちゃくちゃ気になるんです。気になるんだけど、触れ合ってみると合わないの…。文体なのか何なのかわからないけど、どこかに何かがひっかかってしまう。そのことがとても残念で仕様がない。 そういう存在は少し離れたところから見ているのが一番いいような気がして、だから「図書館戦争」なんかはもっぱらアニメ版や漫画版で楽しんでいまし..

続きを読む

優しくしちゃイヤです ~原作・有川浩/漫画・弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」7巻

2011/03/08 22:08
いやーやっぱりよいわ! 弓版図書館戦争よいわ! っていうか弓きいろさんの漫画がよいわ! 好きだわ! 読みきり作品集の「眠れぬ騎士に花束を」も読んじゃおっかなー。 隅々まで楽しませてくれるサービス精神が好きです。モブ郎の登場をひそかに楽しみに待ってます。 7巻に来て、展開はちょっと不穏な方向へ。 シビアな状況におかれている郁ですが、なあに、ラブがあるから大丈夫です、大丈夫! 「愛があれば大丈夫」っていう若干手垢のついた言葉を、これほどうまく体現してい..

続きを読む

どーしようもないくらい ~原作・有川浩/漫画・弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」6巻

2010/09/12 20:43
6巻になってもラブが、ラブが衰えません。ああ心地いい☆ 少女漫画の新たなスタンダードとなる作品だと思っています!(読んでる少女漫画の絶対数が少ないので、あくまで個人的にだけれど!) 雪のバレンタインデーに、強引に郁の手からチョコを奪う(←口で!)堂上教官に、キャー! となったのはもう最初からおり込み済みでございました(笑) 1冊につき1キャーは必ずあるからね! ちなみに6巻はあともう2、3…いや、4、5キャーはありましたけどね! 一番好きだったツー..

続きを読む

もっと見る