COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

世界で一番 ~杉本亜未「ファンタジウム」7巻

2011/06/29 22:18
 どうして 昔から人は  光や あたたかいものにふれようとするのか  ずっと考えていたよ ――素晴らしい。 2巻の感想で、まだ完結してないけどこれは名作になると思う、って書いたのだけれど、 その思いがますます募っていきます。 テレビ生放送のマジシャン対決をエスケープして、ホスピタルクラウンとして病院の子どもたちにマジックを披露したあと、 両親をステージに呼んだ良君は、難読症のトレーニングの成果を見せます。 神村先生の導きと電子辞書の助け..

続きを読む

どうしてなのだろう ~杉本亜未「ファンタジウム」6巻

2010/09/29 21:21
きゃあ、いやーん! 装丁かわいいよう! 5巻からはこのシリーズでいくのかしら? もうかわいすぎる…。音符がかわいすぎる。 裏表紙では、おなじみソシオちゃんもマンドリン(?)をつまびいています♪ 今回いちばん印象に残ったのは、アンティーク美術館の館長さんが良君のお父さんに、「シンギングバード」というオートマタについて語るシーンだった。 マリー・アントワネットや清朝最後の皇帝もこれを愛したというくだりのページを開いたとき、その1枚絵に心が吸い込まれるような..

続きを読む

鍵の開く音 ~杉本亜未「ファンタジウム」5巻

2010/03/29 22:13
や・やばい、表紙がかわいすぎて! むちゃくちゃかわいいー!! ちゃんとソシオちゃんもいるよ! この巻から装丁の方が変わったそうです。前のも好きだったけど(特に3巻☆)、このかわいさには負ける~。 きっとまだ私は、この漫画で描かれていること、伝えていることを、本当の意味ではわかっていないのだと思う。 これからの人生で、時々読み返して、いつかわかるときが来ればいいなと思っている。 一生ずっと、この漫画は手放さないでいると思う。 生放送テレビ番組の大..

続きを読む

みんなでみる夢 ~杉本亜未「ファンタジウム」4巻

2009/07/07 11:46
「いや 多分どうにもならなくたって 自分に幸せをくれるものは好きでいなきゃいけないんだよ」 少年マジシャン長見良、今度は脱出マジックに挑む! 「ファンタジウム」を読んでいるとき、良君たちの手によって紡ぎだされるマジックの夢のような鮮やかさ、美しさに魅了され昂揚するのと同時に、心がしん…と静まり返っていくような気がします。 孤独って何だろう、生きるってどういうことなんだろう、人の数だけ答えがありそうなその問いに、杉本先生が全力で取り組んでいるのが..

続きを読む

”求める心”あるいは”きみを待ってる” ~杉本亜未「ファンタジウム」3巻

2008/10/12 22:19
記事タイトルに引用したのは「花忍」、英名”Jacob's Ladder(天使の梯子)”という花の花言葉だそうです。 マジックに魅せられた人々を描きながら、もっとも普遍的な「生きること」について描かれた作品だと思う。 深くて大きくて、すぐには推し測れない。 作中に出てきた「最後のユニコーン」という本を、「一回だけ読んで終わっちゃダメだよそれ!」と良が評しているけれど、まさにこの「ファンタジウム」もそういう作品だなー。 何度も読みたい。何か大きな出..

続きを読む

目では見えない ~杉本亜未「ファンタジウム」2巻

2008/02/24 18:09
ちょっと大人っぽい良くんが表紙の第2巻です。 北條の尽力で、いやいやながらも中学校へ通うことになった良。 難読症の良は、通常学級の他に通級指導教室も通うことになる。 字が読めないためにテストは追試だらけ、でもペン・スピニング(ペン回しのこと)がべらぼうに上手い…と、思いっきりクラスで浮いてる良は、あからさまないじめの対象にされつつも、渡辺という友人もできる。 その頃、テレビでは「スピリットリーダー」と呼ばれるサカキシンという男が人気を博していた。 イ..

続きを読む

もっと見る