COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

今宵会う人皆浮遊 ~森見登美彦「宵山万華鏡」

2009/10/31 01:04
装丁素敵! 色づかいが綺麗、かわいい、楽しいー! 舞妓さんの名刺(千社札というらしい)みたいなデザインの章タイトルにもうっとり、いつまでも眺めていたいなあーうふふ。 祇園祭の宵山の日を舞台にした短編集です。 いつものように学生がすったもんだする話もあれば、「きつねのはなし」みたいなホラーテイストもあったり。 共通しているのは、宵山に起こる出来事を描いていること。 私は最後のお姉ちゃんの話が一番好き。 お姉ちゃん、こまっしゃくれた感じがかわいい。..

続きを読む

再読・森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

2009/03/03 21:43
文庫版が出たので、購入して読みなおしました。 何というかわゆき表紙なのでしょうか! 作中に登場する様々なモチーフがぎゅうっと凝縮されていて、にこにこうふふとなりますねえ。 ハードカバーの表紙も大変かわゆかったけど、私はこっちのほうが好き。 羽海野チカさんが解説イラストを寄せてらっしゃいます。これもかわゆいです。 こうやって羽海野さんの絵で登場人物を描かれると、もう完全に羽海野絵で脳内再現されちゃいます。 詭弁論部OBの詭弁踊りとか、もうその..

続きを読む

宴の締めには腹鼓 ~森見登美彦「有頂天家族」

2008/05/01 11:38
くつくつ、くふくふと笑いながら読む。なんとなく「平成狸合戦ぽんぽこ」のナレーションの名調子を想起しながら読む。 そう、今回は狸が主人公の物語です。遅ればせながら本屋大賞ノミネートおめでとうございます。ようやく図書館から回ってきたので読みました「有頂天家族」。 森見登美彦にハマるかどうかは、文体にハマるかどうかだと思う。 文体がダメだという人には、「何が面白いのかわからない」と言われたりする。 「何がって…全部」としか言えないので、話し合いは平行線のまま..

続きを読む

魔に逢ふ時刻 ~森見登美彦「きつねのはなし」

2007/11/03 21:29
久しぶりに森見登美彦を読んだ。 ずっと前に図書館で予約していたのだけど、せっかく順番がきたのに一週間のあいだ受け取りに行くヒマがなく、予約を取り消されてしまったという悲しい過去がある。 今回は連絡を受けてすぐに取りに行った。 前に読んだ二作品(「太陽の塔」と「夜は短し歩けよ乙女」)は、気真面目な文体からヘンテコさがにじみ出てくる、クスッと笑いたくなるようなあったかいお話だったのだけど、この「きつねのはなし」はかなりホラーなテイストを含んでいます。 夜に..

続きを読む

ヘンテコ百鬼夜行 ~森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

2007/05/08 08:58
久しぶりに小説を一気読みしたー! いよいよ確信をもって好きだと言える、森見登美彦。 本屋大賞ランクインに何の疑問もありません。 「黒髪の乙女」こと「彼女」に一目惚れし、偶然を装ってはやたらと周囲に出没する「先輩」と、そんな「先輩」の思惑に全く気づかずマイペースに我が道を闊歩する天然な「彼女」。 概要だけ聞くとかわいらしい純情恋愛小説に聞こえるが、いや実際かわいらしいんだけど、そんな言葉だけでは表せない程ヘンテコ。 またもや京都が舞台なのだ..

続きを読む

森見登美彦「太陽の塔」を読んだ。

2007/05/03 22:40
今をときめく森見登美彦をついに読みましたよ。 これも、銀英伝を貸してくれた先輩の本。 うん、この人の文章、好きだ。気に入った。 ファンタジーノベル大賞受賞作というのもミソ。これってファンタジーなんだ…。 恋人に振られた京大生の「私」による思索と妄想が延々と続く小説である。 何だか大正時代の文学のような格式張った文体なんだけど、それがすごく味があって、若者の頭でっかちな感じが出ていて、よい。 ものすごく真面目くさって独白しているのだが、やってるこ..

続きを読む

もっと見る