COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

可愛いお菓子は甘くない ~米澤穂信「秋期限定栗きんとん事件」上・下

2009/03/17 21:24
シリーズ前作「夏期限定トロピカルパフェ事件」から約三年。(私が読んだのは二年前ですが) 待ってましたの〈小市民〉シリーズ最新作! ※ネタバレが未読の方の興を削ぐことになるかもしれないので、これから読む予定の方は以下ご注意くださいね。ある理由から、恋愛関係でも依存関係でもない「互恵関係」にある、小鳩くんと小佐内さん。 その「互恵関係」を、とある事件がきっかけで解消してしまったのが前作「夏期限定」のラストでした。 そんな気になるところで終わられて、ずっとず..

続きを読む

小市民の星はまだ遠い ~原作・米澤穂信/作画・饅頭屋餡子「春期限定いちごタルト事件(後)」

2009/03/11 21:37
前編を読んでから感想を、と思ったのだけど、前編がどうしても見当たらないのであきらめました。 今最も欲しいもの、それは新しい本棚…! 我が家の現・本棚は、もはや本棚というより本でつくられた要塞です。完全に容量オーバー。まあそれはさて措いて。 後編の見どころはやっぱり「小佐内さん覚醒」でしょう。 漫画でどんなふうに表現されるんだろうと楽しみだったけど、なかなかインパクト満点でした。 こえー。「償ってもらわないと」の小佐内さんこええー。かわいい顔して超こええ..

続きを読む

【抜粋】米澤穂信「さよなら妖精」

2009/02/20 22:09
 糢糊とした記憶の中に、いくつか鮮明なシーンがある。覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。それらを光源として見える範囲を広げるように、少しずつ過ぎた日を思い出していく。いま思い出した、あのひとは美しかった。だがなぜそれをいままで忘れていたかといえば、あのひとはその姿よりも価値のあるものを見せてくれたからだ。  ……十五ヶ月前、藤柴市。おれは太刀洗と学校からの帰途についていた。いつものように、言葉を弄びながら。..

続きを読む

野暮なことを言いたい ~米澤穂信「遠まわりする雛」

2008/04/22 11:55
「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」に続く、著者の代表作である古典部シリーズの第4弾。 どうでもいいのですが、二作目の「愚者のエンドロール」を私はかなりの間「患者のエンドロール」だと思っていました。 一字違うだけで一気に不吉で悲しいことになってしまいますね…。中身を読んでやっと間違いに気づいた。 『やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら、手短に』が信条の省エネ高校生・折木奉太郎を語り手&探偵役に据えたこのシリーズ..

続きを読む

小市民と日常の謎 ~原作・米澤穂信/作画・饅頭屋餡子「春期限定いちごタルト事件(前)」

2008/02/29 00:03
原作小説を読んでいたので、漫画版も買ってみた。 恋愛関係でも依存関係でもない「互恵関係」にある、小鳩くんと小佐内さん。 彼らの目指すところは「小市民」。目立たず騒がず、平穏無事に毎日を暮らすことが信条。 そんな彼らの前にも、時にはちょっとした事件が起きたりする。 人が死なないミステリ小説のコミカライズ。 まず思ったのは、小佐内さんがかわいい! ということ。 小説の表紙イラストもかわいかったけど、こちらもなかなか…! セーラー服の上に重ねた大..

続きを読む

米澤穂信「夏期限定トロピカルパフェ事件」を読んだ。

2007/03/20 22:58
大ハマりするとまではいかないけど、どうにも気になって読んでしまうのが米澤穂信の小説だ。 元々ライトノベル畑からデビューした方なので、そういう要素もありつつも、テンションは控えめのしっかりした文体が、結構気に入っているのかもしれない。 本書は〈小市民〉シリーズ第2作目で、1作目「春期限定いちごタルト事件」の続編にあたる。 お話はゆるやかにつながっているので、「春期~」の方から先に読み始めることをおすすめします。 ある理由から、恋愛関係でも依存関係でもない..

続きを読む

もっと見る