COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

何度でも ~羽海野チカ「3月のライオン」7巻

2012/03/26 21:04
 「――正気の沙汰じゃない  彼らは何度手ぶらで戻っても  ますます対策を練って再トライをくり返す  苦痛などおかまいなしに  その身を投げて何度でも」  「何だろうこれ…  いったいぼくは  いつのまに出ていたんだ?  ――こんな明るいところに………」 どれだけの人がこの作品を読んで、 どれだけの思いを胸に抱くのかな。 どしゃ降りの日や、ぺしゃんこな日が来ても、何度でも。何度でも。 表紙は誰かと思ったら、零くんの眼..

続きを読む

輝ける星 ~羽海野チカ「スピカ 羽海野チカ初期短編集」

2011/08/06 09:15
2000年~2004年に発表された短編をまとめた一冊。 ハチクロ初期の頃の雰囲気が漂っていて、懐かしくなるとともに、一方では全然お変わりないんだなあとうれしくなりました。 キオの物語二編がとってもとってもかわいい! まさに子どもの頃に読んだ「少年探偵シリーズ」のイメージですね。犬のクルタン(かわいい!)とかは外国の絵本みたいでもあるし。 探偵さんも警部さんたちも粋な大人だあ! BL風味の「夕陽キャンディー」は、羽海野先生のこれまでのどのお話よりもキラ..

続きを読む

両手で頬をパンパン!と叩いて立ち上がった ~羽海野チカ「3月のライオン」6巻

2011/07/27 22:04
 「戦っているんだ  ――みんな たったひとつの  小さな自分の居場所を  勝ちとるために」 「3月のライオン」の新刊を読むと、読んだその日は何も手につかなくなります。 ひたすらボーッと反すうして、そして反すうし疲れて眠るのです。 読んでいる最中は、面白いとか泣くとか笑うとか、すごいとかひどいとか、かわいいとかかっこいいとか、 わかるとかわからないとか、くるしいとかやさしいとか、いろんな感情がうずまくのに、 読み終わってしまっても、それら..

続きを読む

会いに行こう ~羽海野チカ「3月のライオン」5巻

2010/12/18 22:33
 「不思議だ ひとは  こんなにも時が 過ぎた後で  全く 違う方向から  嵐のように 救われる事がある」 盛りだくさんすぎてアワアワしました。 ひとつずつ順番に、感想を。 ・桜の花の咲く頃 …島田さぁぁ~~~ん!!! といきなり大号泣をしてしまった… 人間将棋に参加するため、故郷の山形へと赴く島田八段(&零くんたち)。 島田八段を、「開」「開ちゃん」と大喜びで迎えるじいちゃんばあちゃん(おばあちゃんたちなんてキャッキャ騒いでるよ)と、..

続きを読む

嵐の中で ~羽海野チカ「3月のライオン」4巻

2010/05/28 23:34
「しかし 「縮まらないから」といって それが オレが進まない理由にはならん」 表紙の島田八段、有り得んぐらいかっこいいです…。 ちょっともう時間が経っちゃいましたが、4巻が発売された頃、 将棋雑誌の裏表紙に、ライオンの広告が載ってたんですよねー。この↑絵が全面に。 「え…? 島田八段が今月の『将棋世界』の表紙…?」って、一瞬思ってしまいました(笑) 島田さんの戦いは、圧巻の一言だった。 しかもそれはまだ終わらない、まだまだずうっと終わることは..

続きを読む

賭けている人たち ~羽海野チカ「3月のライオン」3巻

2009/08/22 22:33
零くんもまた、身の内に獅子を住まわせているのだとわかる3巻、しかし彼はまだ若く、将棋の世界へほんの爪先を踏み入れたばかりにすぎないのだとわかる3巻。引き続き面白さ満点でした。 しかしこの巻は島田八段のかっこよさに尽きますね! なんてかっこいいんだ、島田さん!! ボスキャラ(?)後藤さんの登場もインパクトあったけど、やっぱり島田さん! 懐の深さと貪欲さ、温かさと烈しさ、猫背なところや髪の生え際が不安(笑)なところも含めて、惚れてしまいそうです。というか惚..

続きを読む

もっと見る