COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

まとめて感想:「狂骨の夢」3巻・「月光条例」16巻・「鋼鉄の華っ柱」5巻

2012/01/29 17:49
・原作・京極夏彦/作画・志水アキ「狂骨の夢」3巻 毎度のことだけどほんとにすごい絵だなあ。 牧師さんの神経がだいぶ参っていそうな表情だとか、朱美の凄艶な微笑みだとか、髑髏を含む骨の存在感だとか、志水さんでないと表現し得なかったのではないだろうか。 いさま屋さんのパートが一番なごみます。いや展開はけっこう殺伐としてるんだけど、彼の人柄がそれを中和してくれているというか。 それから木場シュウが心なしか生き生きしているのもうれしい。「魍魎の匣」の時はものすご..

続きを読む

お待ちかねの榎木津礼二郎 ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「百器徒然袋 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」「百器徒然袋 瓶長 薔薇十字探偵の鬱憤」

2011/12/14 21:18
記事タイトルが長くってどうもすみません… 「鳴釜」のほうはずっと前に出てたんですけど、うっかり買いそびれているうちに続編の「瓶長」も出ちゃいました。 百鬼夜行シリーズでもおなじみ、探偵榎木津礼二郎が主人公の中編小説がコミック化です♪ しっかし、志水先生の仕事量はとんでもなくないですか!! 「狂骨の夢」と同時進行で描いてらっしゃるわけでしょう。ううん頭が下がる… ・「百器徒然袋 鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱」 「鳴釜」はお釜とおカマと、「目に..

続きを読む

また殺さなくてはなりますまい ~原作・京極夏彦/漫画・志水アキ「狂骨の夢」2巻

2011/08/11 18:28
相変わらず安心して読めるなあ。 2巻は久保竣公の葬儀から始まりました。こんなシーンあったんだっけ。 「魍魎の匣」のラストでは寺田兵衛さんのその後が何とも気になっていたので、こういう形でフォローがあってよかったな。 神道の葬式についてのうんちくもすごく興味深かったです。 そして白い神官姿の京極堂が素敵すぎます。もう何やってても素敵! 榎さんも変わらず素敵だなあ。しっかしなんでこんなにエラそうなの!?(笑) ずっとモゴモゴおどおどしてる関口君も..

続きを読む

あの人に似てましたのサ ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「狂骨の夢」1巻

2011/02/05 17:28
コミック版「魍魎の匣」が大団円を迎えて、やれめでたい面白い良かったと騒いだ余韻も冷めぬ間に、 第2弾「狂骨の夢」の1巻が出来。 もちろん買いました。だって志水アキ先生の凄さは前作ですでに保証済みだもの! 高校生くらいのときに原作読んでるはずなんだけど、魍魎の匣以上に記憶が薄れているので、 初めて読むような気持ちでコミック版を読んでいこうと思います。 …と言いつつ、読んでいくうちに思い出してきた部分もありました。 何度も忍んでくる先夫の話や、降旗の夢..

続きを読む

人を辞めてしまえばいいのさ ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「魍魎の匣」5巻

2010/07/29 22:24
うわーうわー、すごかったーもう言うことない! 極上のコミカライズも、5巻にて満足至極堂々の完結です。 カバー下表紙のトリを飾ったのは久保竣公でした。意外!(笑) もう本当に、「うわー」「すごい」「おもしろい」しか言えないなあー。 陽子の表情や、京極堂と美間坂教授の舌戦や、「匣の中の娘」のあの美しさ… 「君達が腰掛けているのは…」の描写もすごかった。鳥口君と一緒にうへえっとなりました。 とりわけ、ラストシーンの完璧さには感歎の声をあげてしまった。なに..

続きを読む

物語に終はりを ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「魍魎の匣」4巻

2010/02/07 21:22
ついに京極堂(Ver.憑き物落とし)のお目見え! ぎゃああ! かっこいい!! うひゃあ! これに尽きるぜ、な4巻出来です。 物語に終わりを齎す男、とは関口君の小説に出てくる文句ですが、これほど京極堂に相応しい形容はないよなあ。 この男が動き出すと、いよいよ「大詰」という気になるもの。 ほんと、赤い鼻緒の黒下駄を拝めて欣喜雀躍です(白黒だけど)。イメージそのまんま! 反閇を踏むステップも素敵だ! 寺田兵衛の実直で言葉の足りない人柄や、久保竣公の過剰..

続きを読む

まだ箱の蓋を開くのは早い ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「魍魎の匣」3巻

2009/08/10 00:03
3巻も表紙は陰陽師の方ですが、カバーをはずすと木場の旦那がいます。 1、2巻から引き続き、一定のクオリティを保ったコミカライズで、本当に安心して読むことができてうれしい。 原作と比べて、結構展開はスピーディーですよね? もう半分くらいは真相が明かされたかと思うのですけれど。 今巻で特に印象に残っているのは、「デンスケ」で録音した音声を皆で聴く場面。 床の下から部屋を見上げる構図にしびれた。すごいなあ。 それから、ラストの汚れた原稿の描写がよか..

続きを読む

不思議なことなど何もない ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「魍魎の匣」2巻

2008/08/29 10:39
1巻が発売された頃、ちょうど映画が公開されてたんですが、なんだかんだで結局観ずに終わってしまってました。 テレビでやんないかな~、そろそろ。 2巻も良かった! 一話あたりのページ数が多いのが、ほんと強みだと思う。 話を細切れにしなくて済むし、短いページ数に収めようと展開が不自然になったりしなくて済むし、読者もじっくりどっぷり物語に浸かることができるから。 そして2巻でようやく、拝み屋のあの人と、探偵のあの人がご登場です(笑) 京極堂が陰気!..

続きを読む

何だか酷く男が羨ましくなつてしまつた。 ~原作・京極夏彦/作画・志水アキ「魍魎の匣」1巻

2007/12/19 21:32
「魍魎の匣」が漫画化ときいて、よっぽど「コミック怪」を買おうかと思案したものですが、映画化に合わせて単行本になるはずだと踏んで待っててよかったです。 京極堂シリーズの中で一番好きなのがこの「魍魎の匣」です。 冒頭とラストが素晴らしい。同じ理由で「絡新婦の理」もその次に好きです。 とはいえ、私がこの小説を読んだのは高校生の頃なので、リアルにかなりの年月が経ってしまってます。 なので、原作のイメージ自体がずいぶんおぼろげになっているうえでの感想だということ..

続きを読む