COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

もう迷わない ~森田まさのり「べしゃり暮らし」13巻

2011/12/23 12:13
 「だからこそ申し訳なくて……  悔しくて……切なくて……  でも半分以上は感謝で……  そういう別れもあるんだよ」 圭右と辻本と子安、トリオとしての「べしゃり暮らし」最後の舞台… ネタをやりながらいつのまにか泣いていた三人は、その瞬間きっと全員が同じ気持ちでいたんだろうな。 ニップレスの二人の絆も深まり、るのあーるの二人にもお笑いをやる理由があり… コンビの数と同じだけの物語がそこにはあります。 るのあーるはどうなるんだろうなあ。最初..

続きを読む

それぞれの形 ~森田まさのり「べしゃり暮らし」12巻

2011/05/26 21:25
 「志がつないだ 不思議な運命共同体  相方という名の」 なんていうかこの作品は、だんだんと感想書くどころじゃなくなっていきますね。 読むだけで満足…というか、読むという行為で自分がいっぱいになってしまうような感じです。 つまりはむちゃくちゃ面白い、その一言に尽きる。 ドキュメンタリー番組を観てるときとちょっと似ているかもしれない。 圭右たちがどこかに本当にいるような気がするもんね。 いや、いるんだろうな。出会ったり別れたり、衝突したり悩んだ..

続きを読む

ともだちなんかじゃない ~森田まさのり「べしゃり暮らし」11巻

2010/12/20 21:22
う――ん…そうかあ… 子安を入れてのトリオは解散になってしまうのか… ニップレスも解散の危機で…圭右と辻本はそのうちまた一緒にやるんでしょうけど。 親友のような存在だったり、ビジネスパートナーだったり、それぞれにとって「相方」の考え方は違うけど、 こいつだ! と思える相手に出会えるのって、ものすごい確率のことなんだろうな。 子安のこれからがとても気になります。 千尋くんが才能を開花できてほんとによかった…! そして成瀬くん…いいやつ! ..

続きを読む

絶対売れる方法 ~森田まさのり「べしゃり暮らし」10巻

2010/05/23 21:23
これだから、上妻親子はかっこいいってんだよー! と叫んでしまった10巻。 「仕事」に対して誠実な圭右、親父さんの「退職金」…、なんて格好いいんだろうと思います。人間として尊敬します。 こうありたいものです。 子安は本当にトリオの一員になってしまうのかしら~! コンビの話だとずっと思わせておいて、実はトリオの話なのか。 最近はトリオで有名になる芸人さんも増えてる気がするので、すごく興味深い。 玉木もマジでお笑いに進むのか…面白すぎます。こちらも..

続きを読む

べしゃり暮らし、が、始まる ~森田まさのり「べしゃり暮らし」9巻

2009/11/20 23:30
「幻のきそば上妻四代目は 世界で一番おもしれー芸人になってやるからよ! ぜってーに!」 なにこれ! どうしよう! めっちゃおもしろいです… 鳥肌立ったぁぁ…。 ねずみ花火、本当によかったね。 一夜だけのコンビ復活、飲食店ネタの解禁、舞台上プロポーズに、しのぶちゃんのより大きな親父さんのOKサイン… 根津としのぶちゃんが結婚して、根津がそば屋の跡取りになって、圭右はお笑いの道へ進んで…って、考えうる限り一番いい形に収まったんじゃないかと思います..

続きを読む

中途ハンパはやめだ ~森田まさのり「べしゃり暮らし」8巻

2009/05/05 21:47
あ…あああ…いい話…いい話だ~~~! 根津と花田が笑い合える日がやって来て、本当によかった…。 解散してしまった漫才コンビ「ねずみ花火」、これで再結成できるな、と言う先輩。 けれど花田は「新しい相方探せよ」と根津に言う。人を貶して笑いをとる自分の芸風は、お前には向かないからと。 だが根津は、芸人をやめることを決めていた。「俺の相方はお前だけだから」、その花田と組まないのであれば、もう芸人はやめると。 ぐはあー!(←嗚咽音)なんというコンビ愛! もう…..

続きを読む

生き様をみた ~森田まさのり「べしゃり暮らし」7巻

2008/12/06 22:20
「やるべき事はわかってた そば屋はそばを作ってナンボだ うめえそばで喜んでもらってナンボだ」 「芸人も芸人でしかねーんだろ つまんねー芸人になるか すげー芸人になるかだ」 上妻の父ちゃんの言葉は、金本さんに向けられたものでありつつ、すべての人に共通して言えることなんだと思う。 「やるべき事」がもうわかっている人もまだ探している途中の人もいるだろうけど、「関係ない」という人は、きっと存在しない。 出会えたそれを見失わないでいきたい。もし見失って..

続きを読む

しあわせのしるし ~森田まさのり「べしゃり暮らし」6巻

2008/06/23 00:06
6巻の展開には、驚きました。 想像もしなかった… こっちは思い切りネタバレですので、これから読む予定の方はご注意ください。上妻の関西弁問題(笑)についての進展もありつつ、今巻は完全にデジタルきんぎょ・藤川と金本の二人がメインとなっています。 コンビ結成当初の頃の、お互いに対する遠慮から生まれた溝。不仲だった時代を経て、本当の意味でのコンビとなって漫才を楽しめるようになるまでの歴史と、これからの希望が描かれる。 コンビ愛というテーマも作品の多..

続きを読む

本気かどーかすぐわかる ~森田まさのり「べしゃり暮らし」5巻

2008/01/20 21:05
う~、やっぱり面白いなー。 上妻のことがいよいよ可愛く思えてきた。情が湧いたんだろうか。 芸人を目指して日々研磨する上妻。 そして、クラスメートの子安もお笑い作家を目指すことを決心する。 お金にならないプロゴルフを続ける父、それを快く思っていない母に遠慮して作家への道をあきらめていた子安に、上妻が発破をかけるシーンがすごく良かった。 4巻のお父さんのエピソードがあったからこそ、「親の悪口言うんじゃねー」という上妻の言葉が説得力を持ちます。 「ヨシム..

続きを読む

ゆけゆけ爆笑王 ~森田まさのり「べしゃり暮らし」1~4巻

2007/12/16 23:52
まとめ買い期がまたやってきました。 なんだろう。ストレス解消?? 何かで煮詰まってるときはとにかくたくさん漫画を買いたくなる。 今まさにちょっとそういう時期なので、前々から気になってたこれを買ってしまいました。 最初に1巻だけ買って次の日2~4巻を一気買い。だって面白かったんだもの。 かたや人を笑わせることが大好きで、ウケるためならどんなことでもやる自称「学園の爆笑王」こと上妻圭右。 かたや大阪から転校してきたネイティブ関西弁使い、元芸人の辻本潤。 ..

続きを読む