COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

まとめて感想:「月光条例」18巻・「獣の奏者」6巻

2012/06/08 22:41
・藤田和日郎「月光条例」18巻  「愚かですね… …デクノボーです…  でもね、私は彼になりたい。」 高勢露の正体…! とか、え…工藤サン…? とか、またも謎が謎をよぶ展開。 でも、月光が木の下に捨てられていた経緯はわかりましたね。 センセイの退場が詩的でしずかでとてもうつくしく、悲しいのにどこか心が満たされる思いがしました。 ランプの中でセンセイに再会し、「もう一回… 会いたかったんだ…」と素直に心情を吐露する月光にもらい泣き…。 対称..

続きを読む

月光と露 ~藤田和日郎「月光条例」17巻

2012/03/19 19:45
 「自分の「物差し」で計って、良いと信じたら…それが最高なのです…」 またもや頭が混乱してきたので、整理、整理…。 月光の正体は「青い鳥」の主人公チルチルであり、チルチルが一体どうやって今の岩崎月光になったのか、というのがこの巻から語られる昔語り。 だからここに登場しているのは月光じゃなくて、読み手(ニンゲン)の世界に飛ばされたチルチル=サンキチという青年。 打出の小槌に願われた「チルさが自分自身を助けられますように」という言葉の真意、なぜニン..

続きを読む

まとめて感想:「狂骨の夢」3巻・「月光条例」16巻・「鋼鉄の華っ柱」5巻

2012/01/29 17:49
・原作・京極夏彦/作画・志水アキ「狂骨の夢」3巻 毎度のことだけどほんとにすごい絵だなあ。 牧師さんの神経がだいぶ参っていそうな表情だとか、朱美の凄艶な微笑みだとか、髑髏を含む骨の存在感だとか、志水さんでないと表現し得なかったのではないだろうか。 いさま屋さんのパートが一番なごみます。いや展開はけっこう殺伐としてるんだけど、彼の人柄がそれを中和してくれているというか。 それから木場シュウが心なしか生き生きしているのもうれしい。「魍魎の匣」の時はものすご..

続きを読む

まとめて感想:「月光条例」15巻・「獣の奏者」5巻・「鋼鉄の華っ柱」4巻

2011/12/11 13:10
「か」行その2です。 ・藤田和日郎「月光条例」15巻  「あたしはエンゲキブ。  舞台が幕の時には… 悔いも… 未練もなく…  …すぱっと笑ってソデに退場できるように…  あたしはあたしのしたいコトを、演じるのよ。」 きゃーっ、エンゲキブーっ! というところで終わってます。 ほんとにすごいよ、エンゲキブ。ただの女の子じゃないのは知ってたけど、どんな苦境に陥っても立ちどまらず、あきらめず、突破口を探す。 頭が下がります。「エンゲキブ」というのは単..

続きを読む

きっと助けられますように ~藤田和日郎「月光条例」14巻

2011/07/28 22:07
 「ねえ、チルチル…  まっ暗でだぁれも助けてくれないあの夜に、  チルチルだけがあたしを見てくれた…  見てくれたから、あたし力が出ちゃったんだ。  ゴメンね。」 なんと…平賀司令の正体は×××だったのかーっ、ひゃああカッコイイ! すべてのコマがもれなくカッコイイー! …な14巻です。 一気に平賀司令のファンになってしまった… お菊の再登場にはほんとうに、胸がいっぱいになりました。 誰のことも助けられはしなかったとチルチルは泣くけれ..

続きを読む

幸せはどこにある ~藤田和日郎「月光条例」13巻

2011/04/20 21:30
 「かわいそうだ。主人公が不幸な結末になっちゃうのは。  「読み手」の子供たちだってかなしく思ってるよ。そんなのいやなんだよ。」  「〈作者〉が生み出す「おはなし」は、言いたいコトがあって生まれてくる。  書き直したら、言いたいコトじゃなくなっちゃうだろう…  お話は言いたいコトを言わなくなったら、死んだと同じ…」 お菊を助けられなかったことを悔やむチルチルは、はだかの王様に懇願し、誰か不幸なキャラクターを幸せにさせてくれと頼む。 その気持ちに..

続きを読む

ある昔話の追想 ~藤田和日郎「月光条例」12巻

2011/01/25 21:54
おとぎ話の世界がおかしくなり始めた、その元凶は、 至上最強の月打を受けた、「青い鳥」のチルチルにあった! いよいよクライマックスが始まった感のある月光条例。 実は「青い鳥」というお話を、しっかり読んだことがないのですよね…。 今回初めて、ちゃんとしたあらすじを知りました。 月打の中の月打、「ムーンストラックスト」をただ一人受けたチルチルは、自分のいるこの世界に<作者(サクシャ)>が存在することを理解する。 サクシャにハッピーエンドに書き換えても..

続きを読む

青い鳥は何処 ~藤田和日郎「月光条例」11巻

2010/11/21 20:36
お話がぐんぐん動いて、わくわくしてきたよう! 月光の正体とは。アラビアンナイトの世界で、かつて何を行い、そして忘れたのか? 月光の背後に幻として現れる、小さな人影の正体は。 <センセイ>と名乗る男の正体は。 100年前から逃亡を続ける、「青い鳥」の主人公・チルチルの素顔と目的は一体。 これから藤田先生がどんな物語を開陳してくれるのか、楽しみでしょうがありません。 「うしおととら」のときも、きっとこんな感じだったんだろうなー。 私はリアルタイム..

続きを読む

水の中でも咲くひと ~藤田和日郎「月光条例」10巻

2010/09/14 21:27
11巻が出てからまとめて書こうと思っていたのだけど、工藤サンの笑顔がまぶたに焼き付いて離れないので、それを言いたいがためだけに感想を書いておこうと思います。 というわけで、制服のままプールに飛び込んで濡れ髪で「私も泳いじゃいました。」と笑う工藤サンが眩しすぎて、10巻の他の内容をすべて忘れてしまったのであります。 あとで水着シーンも出てくるんだけどそれすら霞むよ。 なんだもう、女神か! ミューズか! これで惚れない月光もすごいわ! またタイミングいいし..

続きを読む

オレの横にいるほうがいい ~藤田和日郎「月光条例」9巻

2010/05/19 20:52
月光がことごとくかっこいいものだから、困ってしまいます。 最近ちょっとかっこよすぎるんじゃないの?(笑) 桃太郎に向けて言った、ハチカヅキちゃんについての言葉とか、ホレさせようとしているとしか思えない! エンゲキブと対面したときの表情も、大変よかったでござる… シンデレラの再登場がめちゃめちゃうれしい! 凶悪面がイカす! 藤田さんもお気にいりなんだろうなあ、自分のシンデレラと赤ずきんちゃんが。 仲のワルい二人のかけあいがノリノリだった。「こちびワイ..

続きを読む

今度の敵は日本一 ~藤田和日郎「月光条例」8巻

2010/02/20 11:13
裏表紙の人魚姫がカワイイ~! 8巻も、藤田先生やりたいほーだいでした(笑) 既存のおとぎ話をねじ曲げるねじ曲げる。オレが子どもに読ませたいのはこういうハナシなんだよ! という、態度が一貫しているのがすごく良いと思います。迷わなくて済むもの。 「あなたがぼくを、勝手に評価するな! ぼくがあなたの役に立つか立たないかなんて、ぼくにぜんぜんカンケーないよ!」 【フランダースの犬プラスうらしま太郎】では、前巻の月光の言葉を受けてネロがついに自分のモノサシを見..

続きを読む

ゼッタイヤダと月光サンは言った ~藤田和日郎「月光条例」7巻

2009/12/03 19:33
「オレとおまえのモノサシは違うし、他のヤツのモノサシも全部違うのよ。 だから他人に自分の人生を 評価させるんじゃねえ。」 月光のコトバは、なんでこんなに胸を打つんだろうか… ここでの月光のコトバ=、藤田先生のコトバである。それはもう間違いなくそうだ。 私は、藤田先生が作品を通して、何かを強く語りかけてくれるのを見るのが好きだ。 込められたメッセージ、その血中濃度の高さに比例して面白くなるのが藤田作品なのだから。 7巻のメインとなりますお話は、【フラ..

続きを読む