COMIC CUE 「あの日に返りたい」シリーズ あさのあつこ いくえみ綾 うすた京介 おがきちか かんばまゆこ くぼたまこと さくらももこ さとうまきこ たかぎなおこ たし つの丸 とぽすけ とんたにたかし なるしまゆり はやみねかおる ひぐちアサ びっけ ほったゆみ もろづみすみとも よしながふみ アエラムック アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ エーリヒ・ケストナー オノ・ナツメ カラスヤサトシ サンドウィッチマン ジュディ・バドニッツ ジョアン・スファール ジョージ朝倉 スエカネクミコ スズキユカ ダ・ヴィンチ ツジトモ ドラえもん ハグキ バトン ピースピット フランク・シェッツィング マツモトトモ ミキマキ ヤマシタトモコ ヤン・イクチュン 一条ゆかり 三崎亜記 三浦しをん 上橋菜穂子 中村光 中村航 中野シズカ 久世番子 乙一 井上由美子 井上雄彦 京極夏彦 今市子 今日マチ子 仲村佳樹 伊坂幸太郎 伊藤比呂美 伊藤滋之 伊藤静 佐藤友哉 佐藤多佳子 入江亜季 冲方丁 劇団ひとり 加納朋子 加藤治郎 北川和代 北沢未也 古屋兎丸 古沢良太 古谷実 吉田修一 和月伸宏 唐々煙 地下沢中也 坂東賢治 堀江敏幸 堂場瞬一 増田こうすけ 夏目房之介 大ハシ正ヤ 大崎梢 大高忍 天乃タカ 太田光 安達哲 安野モヨコ 宮本福助 寮美千子 寺山修司 寺嶋裕二 小島てるみ 小手川ゆあ 小林信也 小玉ユキ 小田扉 小畑健 山下和美 山下哲 山川彌千枝 山形石雄 山本弘 山頭火 岡田あーみん 岡田淳 岩岡ヒサエ 岸本佐知子 島本和彦 島本理生 川口淳一郎 工藤ノリコ 工藤直子 市川春子 年間ランキング 弓きいろ 後藤竜二 志水アキ 恒川光太郎 恩田陸 成田良悟 押見修造 新川直司 日下直子 日丸屋秀和 日明恩 是枝裕和 有川浩 望月花梨 杉山小弥花 杉崎恒夫 杉本亜未 杉浦さやか 村田雄介 東直子 松村栄子 枡野浩一 枢やな 柏葉幸子 桜庭一樹 梨屋アリエ 梨木香歩 森博嗣 森奈津子 森山京 森本梢子 森田まさのり 森絵都 森見登美彦 森谷明子 椎名軽穂 椎名高志 横田順彌 武富智 武本糸会 永井豪 江平洋巳 池澤夏樹 沢村鐵 沢田康彦 河内遙 河原和音 浅田次郎 海野そら太 海野つなみ 清野静流 渡瀬悠宇 湊かなえ 瀧波ユカリ 瀬戸口みづき 犬村小六 玖保キリコ 田中モトユキ 田中芳樹 白石さん 的川泰宣 皆川博子 相田冬二 矢野隆 石井あゆみ 神林長平 神楽坂淳 福島聡 福満しげゆき 福田雄一 秋重学 穂村弘 空知英秋 竹宮ゆゆこ 笹公人 篠原健太 米澤穂信 綱本将也 緑川ゆき 美川べるの 羽海野チカ 若松宣子 萩尾望都 萩野貞樹 葉鳥ビスコ 藤子不二雄 藤田和日郎 西森博之 西炯子 誉田哲也 谷川史子 谷川流 豊田徹也 赤井都 辻村深月 近藤史恵 道原かつみ 道尾秀介 金城一紀 鈴木マサカズ 鈴木志保 鈴菌カリオ 銀色夏生 長嶋有 長野まゆみ 雁須磨子 雪乃紗衣 雲田はるこ 飯田栄彦 饅頭屋餡子 駒崎優 高尾滋 高屋奈月

退いたら負け ~雪乃紗衣「彩雲国物語」十~十二冊目

2007/10/12 21:24
「藍より出でて青」 「緑風は刃のごとく」 「青嵐にゆれる月草」 「あれ?」と思われた方は、かなりの彩雲国ファンでいらっしゃる。 そうです、「紅梅は夜に香る」が抜けております。 借りた人に確認したら、どうやら購入自体を抜かしちゃっていたとのこと。 うん…でも…わかるよ… 巻数表示がないのが何もかもいけないんだ! というわけで、話が飛んじゃうことはわかりきっていたんですが、読んじゃいました☆ガマンできずに。 想像力および妄想力を駆使して読..

続きを読む

最後の一つも、自力で ~雪乃紗衣「彩雲国物語」七~九冊目

2007/10/04 23:25
「欠けゆく白銀の砂時計」 「心は藍よりも深く」 「光降る碧の大地」 加速度的に面白ーーい! 泣きどおしだった影月編三冊です。 バイトの後まっすぐ帰りたくない気分だったので、オシャレカフェで読書でもしようとオシャレびとを気取ってみた。 そこで「光降る~」を読んだのだけど、まったく間違ったことをしてしまった。 これは人がいる場所で読むもんじゃなかったです。 必死でこらえても涙が出そうになって顔が上げられない! なんか一人で感極ってるあぶない..

続きを読む

この足で駈けてゆく ~雪乃紗衣「彩雲国物語」四~六冊目

2007/09/30 15:29
「想いは遙かなる茶都へ」 「漆黒の月の宴」 「朱にまじわれば紅」 ちゃくちゃくと読み進んでおります。 州牧に任命され、赴任先の茶州へと向かう秀麗ご一行。 ワケありまくりの旅が順調に進むはずもなく、あいつぐ苦難に見舞われる。 でもそこはそれ、そんなことでへこたれるような人たちではないので、ある意味安心して読める…のかも。 うっかり涙腺がゆるんでしまいました。電車内だったので危なかった。 具体的にいうと、春姫と克洵の再会シーン、それから克洵..

続きを読む

地に足ついた軽やかさ ~雪乃紗衣「彩雲国物語」一~三冊目

2007/09/23 23:24
「はじまりの風は紅く」 「黄金の約束」 「花は紫宮に咲く」 一度は読みたかった、でも長いので手を出しかねていた彩雲国シリーズ。 持つべきものは本好きの友人だ! いつも本当にありがとう。 シリーズ既刊をごっそりと借りてます。ホクホクです。 全部読破するのに時を要しそうなので、とりあえず3冊分の感想を書きます。 十二国記をもっとライトにしたような感じ? まあ、そういうふうに比べる行為自体が野暮天なんだけど、最初の印象はそうだった。 冒頭..

続きを読む